UMTS/3GPP TCC エンコーダー IP 製品およびデバイス要件

ハードウェア評価のタイムアウト期間 * : 最大 8 時間

ソフトウェア要件の一覧表

LogiCORE™ バージョン ソフトウェア サポート サポートされるデバイス ファミリ
UMTS/3GPP TCC エンコーダー v5.0 Vivado® 2015.4 Kintex®-7 UltraScale+™
Virtex®-7 UltraScale+
Zynq®-7000 UltraScale+
Kintex-7 UltraScale™
Virtex-7 UltraScale
Artix®-7
Kintex-7
Virtex-7
Zynq-7000
UMTS/3GPP TCC エンコーダー v4.0 ISE 13.4 Virtex-6 LXT / SXT
Virtex-5 LX
Virtex-4 FX / SX / LX
Spartan®-6 LX / LXT
Spartan-3A / 3 XA
Spartan-3E / 3
UMTS/3GPP TCC エンコーダー v3.1 ISE 10.1 Virtex-II / II Pro

Xilinx.com のダウンロード ページから必要なソフトウェアをダウンロードしてください。新機能、既知の問題、パッチについての詳細は、 ライセンス ソリューション センターをご覧ください。

* ハードウェア評価ライセンスでは、デザインに上記のコアをパラメーター指定、生成、インスタンシエートできます。また、ファンクションおよびタイミング シミュレーションを実行でき、ハードウェアにデザインをダウンロードおよびコンフィギュレートできるビットストリームも生成できます。

この表中の IP コアは、プログラムされたデバイスで一定の時間正常に動作します。この時間を経過すると、IP はタイムアウト (動作が停止)し、再度ダウンロードして FPGA をコンフィギュレートする必要があります。