CPLD

CPLD (Complex Programmable Logic Device は、完全にプログラマブルな AND/OR アレイとマクロセルを組み合わせたものです。AND/OR アレイはリプログラマブルで多様なロジック機能を実行します。マクロセルは組み合わせ論理や順序論理を実行する機能ブロックで、真のまたは補足の柔軟性と様々なフィードバックのパスを備えます。

従来 CPLD は、アナログ極性増幅器を使用してアーキテクチャのパフォーマンスを強化してきました。ただし、この強化には非常に高い電流を必要としました。CoolRunner™-II CPLD は、画期的なオール デジタル コアを使用して同レベルのパフォーマンスを超低消費電力で実現します。 これにより設計者は同じ CPLD アーキテクチャを高性能と低消費電力デザインのために活用できます。

アナログ極性増幅器の除去は、アーキテクチャをスケーラブルにして/大幅コスト削減と世代ごとに進歩する機能の強化を実現します。

CPLD の利点

CPLD は独自の機能性を備えているため、システム デザインでさまざまな有効機能を実行でき、またプログラマブル ロジック ソリューションのマーケット リーダーとして活用されています。ザイリンクスは、設計者の CPLD ニーズに応じた総合的なソリューションを提供しています。

  • 簡単に何度でもコスト 0 でデザインを変更可能
    • 製品化までの時間を短縮
  • 再コンフィギュレーション可能なシステムを構築、ASIC のバグを修正、どこからでも常にシステム機能をアップグレード可能
    • 時間を節約、開発コストを低減、デザインを簡素化
  • 高性能かつ低電力な動作
  • 豊富なパッケージング
  • 最先端システム機能
  • マクロセル数に対して I/O 数が最高
  • 既存のデザイン フローへ簡単に適用
    • 時間を節約、コストを削減、デザインを簡素化
  • 無償の ISE® WebPACK™ ソフトウェアは、ザイリンクス CPLD を開発するための最も完全で使いやすいデスクトップ ソフトウェア ソリューションを提供
  • 再プログラム可能なため、システム バグを修正できる
  • TTL および ASSP の代わりに使用でき、ボード コンポーネント数の削減と信頼性向上を実現
    • 設計コスト、システム コスト、およびメンテナンス コストを削減できる
  • 電源をオフにしてもデータを保持できる
  • システムに電源を投入すると直ぐに CPLD 機能が有効になる
  • 格納されたデザインを盗むことはほぼ不可能
    • セキュリティを向上しながら、デザインを簡素化

ザイリンクスの CPLD ソリューション

CPLD の利点や特長を把握して、簡単設計、開発コスト削減、市場への製品投入のスピードアップを達成します。

機能 CoolRunner-II
コア電圧 1.8
マクロセル 32-512
I/O 21-270
I/O トレランス 1.5V、1.8V、2.5V、3.3V
TPD / ƒ 最大  (最速) 3.8/323
超低スタンバイ電力 28.8µW*
I/O 規格 LVTTL、LVCMOS、HSTL、SSTL

* CoolRunner-II の DataGATE を利用した場合における最も低い消費電力量です。

CPLD で設計

CPLD の利点や特長を把握して、簡単設計、開発コスト削減、市場への製品投入のスピードアップを達成します。

ザイリンクス CPLD を設計する最初のステップは、お客様のニーズを満たすデバイスを選択することです (優先順位は各デザインによって異なります)。

  • 集積度と I/O
    • 無償ダウンロードの ISE WebPACK ソフトウェアにお客様のデザインをお送りいただくと、必要なザイリンクス CPLD (ロジック集積度と I/O) のサイズが判明します。
  • パフォーマンス
    • ザイリンクス CPLD は多様な速度を取り揃えていますので、ご予算によってパフォーマンスをお決めください。ISE WebPACK をご利用になって、システム タイミング条件に必要な速度をお選びください。
  • 電圧と消費電力
    • ザイリンクスの各 CPLD ファミリは、異なった電圧 (電源と I/O) および消費電力 (スタンドバイとダイナミック) の要件を提供します。
  • パッケージング
    • ザイリンクス CPLD は、お手ごろな QFP パッケージから超小型チップスケール ページそして I/O 数が多い BGA パッケージまでの各種を提供します。
  • 基本的な CPLD デザインのインプリメントには、無償で提供されている ISE WebPACK ソフトウェア ツールが必要となります。ISE WebPAC ソフトウェア ツール以外にも、さまざまなデザイン要件に対応する多様なソフトウェア パッケージを提供しています。

CPLD デバイスを選択し、必要なソフトウェアをダウンロードした後に、デザインのインプリメンテーションを実行します。 インプリメンテーションには、次が含まれます。インプリメンテーションには、次が含まれます。

  • デザイン入力
  • プロトタイプのプログラムとテスト
  • 資料

ザイリンクスソリューションは、次の方法でご購入いただけます。

各販売代理店では、シリコン、ソフトウェア、プログラミング ハードウェアなどを提供します。また、ザイリンクス販売代理店およびカスタマ サポート センターによる迅速なサービスを提供しております。

CPLD で設計を開始

これらの手順にしたがって、今すぐ CPLD デザインを始めよう!