UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 10022

12.1 制約 - 一般的なタイムグループを使用して FROM:TO 制約を適用する方法

説明

一般的なタイム グループについて教えてください。または、一般的なタイムグループを使用して FROM:TO 制約を適用する方法を教えてください。

ソリューション

FROM:TO 制約の概要

図 1 - FROM TO 制約の例

一般的なタイムグループには、PADS、FFS、RAMS、および LATCHS の 4 つがあります。一般的なタイムグループはキーワードであり、ユーザー定義のタイムグループを作成する場合には使用できません。

- PADS はデザインのすべてのパッドで、同期エレメントとは見なされません。
- FFS、RAMS、LATCHS : それぞれデザイン内のすべてのフリップフロップ、RAM、ラッチを含みます。これらは、同期エレメントです。

FROM:TO 制約は、開始点と終了点の間の遅延を指定します。一般的なタイムグループは、図 1 に示すデザインに使用できます。次の UCF 仕様は、特定のタイム グループを使用する例です。

NET CLK PERIOD = 20;
TIMESPEC TS_p2p = FROM PADS TO PADS 35ns;
TIMESPEC TS_p2f = FROM PADS TO FFS 12ns;
TIMESPEC TS_f2p = FROM PADS TO PADS 15ns;

タイミング レポートの例 :

=================================================================

Timing constraint: TS_COMB = MAXDELAY FROM TIMEGRP "PADS"

TO TIMEGRP "PADS" 35nS;

1 item analyzed, 0 timing errors detected.

Maximum delay is 9.076ns.

---------------------------------------------------------------------------------------------------

Slack:

25.924ns path $Net00003_ to $Net00004_ relative to
35.000ns delay constraint

タイミング制約の詳細は、『Timing Constraints User Guide』を参照してください。 http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx12_1/ug612.pdf

AR# 10022
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加