AR# 10177

ModelSim (MXE, SE, PE) - スタンドアロンの ModelSim を使用してバックアノテートされたタイミング シミュレーションを実行する方法 (VHDL、Verilog)

説明

ModelSim を使用してバックアノテートされたタイミング シミュレーションを実行する方法を教えてください。

ソリューション


スタンドアロンの ModelSim で論理シミュレーションを実行する方法は、(ザイリンクス アンサー 1078) を参照してください。



Project Navigator からのシミュレーションの実行 (VHDL または Verilog)



Project Navigator からシミュレーションを実行すると、タイミング シミュレーションが自動的に実行されます。Project Navigator の [Sources] ウィンドウでテストベンチを選択し、[Processes] ウィンドウで [Simulate Post-Place & Route Model] プロセスを実行します。



Project Navigator からのシミュレーションの実行に関する詳細は、(ザイリンクス アンサー 18216) を参照してください。



Verilog - スタンドアロン ModelSim の実行



1. ザイリンクス シミュレーション ライブラリをコンパイルしていない場合、ライブラリをコンパイル方法は (ザイリンクス アンサー 15338) を参照してください。



2. シミュレーション モデルを作成します。



Project Navigator を使用 :

[Implement Design] に含まれる各プロセスの下に、シミュレーション モデルを生成するプロセスがあります。たとえば、[Place & Route] の下には [Generate Post-Place & Route Simulation Model] プロセスがあります。 このプロセスを実行すると NetGen ユーティリティが実行され、シミュレーション モデルとタイミング情報を含む SDF ファイルが生成されます。シミュレーション モデルと SDF ファイルのデフォルト名は、<design_name>_timesim.v および <design_name>_timesim.sdf です。プロセスを右クリックして [Process Properties] をクリックすると、モデル生成のプロパティを変更できます。[Help] をクリックすると、各プロパティの説明が表示されます。



コマンド ラインを使用 :

シミュレーション モデルは NetGen を使用して作成します。NetGen の詳細は、(ザイリンクス アンサー 17883) を参照してください。



メモ : ISE 8.1i 以降を使用している場合は、この手順はスキップできます。

3. glbl.v モジュール、生成済みシミュレーション モデル、およびテストベンチをコンパイルします。次のように入力します。

vlog $env(XILINX)/verilog/src/glbl.v <design_name>_timesim.v <testbench>.v



glbl.v モジュールの詳細は、(ザイリンクス アンサー 6537) を参照してください。



4. ModelSim にデザインを読み込み、シミュレーション モデルのコンポーネントのビヘイビアーを定義する Verilog SimPrim モデルを -L オプションを使用して指定します。glbl も読み込む必要があります。

vsim -t ps -L simprims_ver work.<testbench> work.glbl



タイミング情報を含む SDF ファイルは自動的に読み込まれます。詳細は、(ザイリンクス アンサー 10651) を参照してください。



メモ : シミュレーションの開始時に、glbl.v によりグローバル セット/リセット (GSR) が自動的に 100ns 間パルスされます。詳細は、(ザイリンクス アンサー 6537) を参照してください。



VHDL - スタンドアロンModelSim の実行

1. ザイリンクス シミュレーション ライブラリをコンパイルしていない場合、ライブラリをコンパイル方法は (ザイリンクス アンサー 15338) を参照してください。



2. シミュレーション モデルを作成します。



Project Navigator を使用 :

[Implement Design] に含まれる各プロセスの下に、シミュレーション モデルを生成するプロセスがあります。たとえば、[Place & Route] の下には [Generate Post-Place & Route Simulation Model] プロセスがあります。 このプロセスを実行すると NetGen ユーティリティが実行され、シミュレーション モデルとタイミング情報を含む SDF ファイルが生成されます。シミュレーション モデルと SDF ファイルのデフォルト名は、<design_name>_timesim.vhd および <design_name>_timesim.sdf です。プロセスを右クリックして [Process Properties] をクリックすると、モデル生成のプロパティを変更できます。[Help] をクリックすると、各プロパティの説明が表示されます。



コマンド ラインを使用 :

シミュレーション モデルは NetGen を使用して作成します。NetGen の詳細は、(ザイリンクス アンサー 17883) を参照してください。



3. 生成済みシミュレーション モデルおよびテストベンチをコンパイルします。次のように入力します。

vcom -93 <design_name>_timesim.vhd testbench.vhd



4. デザインと SDF (標準遅延フォーマット) ファイルを読み込みます。

vsim -t ps -sdfmax /UUT=<design_name>_timesim.sdf work.testbench

SDF ファイルの読み込みに関する詳細は、(ザイリンクス アンサー 10651) を参照してください。



メモ : シミュレーションの開始時に、シミュレーション モデルによりグローバル セット/リセット (GSR) が自動的に 100ns 間パルスされます。詳細は、(ザイリンクス アンサー 5009) を参照してください。
AR# 10177
日付 04/16/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般