AR# 11004

|

Virtex コンフィギュレーション - Startup_wait DLL オプションを使用するとコンフィギュレーションされない (DONE ピンが Low のままになる)

説明

キーワード : Startup_wait, DLL, Virtex, lck_cycle, GWE, GSR, コンフィギュレーション

Virtex/Virtex-E デバイスをターゲットにしています。 DLL で Startup_wait プロパティを使用し、DLL がロックされるまでスタートアップを遅らせようとしましたが、

このプロパティを設定するとデバイスがコンフィギュレーションされません。 このプロパティを削除すると問題なくコンフィギュレーションされます。

ソリューション

1

1x クロックの場合 :

次がスタートアップ サイクルのコンフィギュレーションです。

GTS_cycle: 1
GSR_cycle: 1
LCK_cycle: 2
DONE_cycle: 4

LCK_cycle 前に必ず GSR をリリースしてください。 また、外部フィードバックが使用される場合は、LCK_cycle 前に必ず GTS もリリースしてください。 リリースしないと、外部フィードバック クロックを駆動するピンがトライステートのままになり、DLL でフィードバック クロックが確認されないので、DLL がロックされたままになります。

スタートアップ オプションを設定するには、bitgen.ut ファイルを編集するか、Project Navigator でオプションを設定する必要があります。

Project Navigator で次を実行します。
1. [Generate Programming File] を右クリックし、[Properties] をクリックします。
2. [Startup Options] タブで次を設定します。

Enable Outputs = GTS_cycle (C1)
Release GSR = GSR_cycle (C1)
Release DLL = LCK_cycle (C2)
Done = DONE_cycle (C4)

メモ : DONE サイクルの前に GTS および GSR サイクルを設定すると、デイジーチェーン アプリケーションで問題となることがあります。

2

4x クロックの場合 :

4x クロックの場合、インプリメントに SRL16 を使用したロジックが必要なため、GWE (グローバル ライト イネーブル) も LCK_cycle 前に設定する必要があります。

例 :

GTS_cycle: 1
GSR_cycle: 1
GWE_cycle 1
LCK_cycle: 2
DONE_cycle: 4
AR# 11004
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed