AR# 11630

インストール - ザイリンクス デザイン ツールの環境変数の確認および手動設定方法

説明


ザイリンクス デザイン ツールの環境変数の確認方法および手動で設定するにはどうすればよいでしょうか。

注記 :
  1. 環境変数をどのように設定してよいかわからない場合は、「1」または「TRUE」を使用してください。
  2. 環境変数を有効にするには、ザイリンクス ソフトウェアを閉じて再起動してください。
  3. 変数を無効にするとき「0」または「FALSE」に設定しても無効にならない場合があります。その場合は、変数を削除してください。

ソリューション


Linux (csh/tcsh シェル) で設定するには
  1. setenv VARIABLE value というコマンドを使用します。
  2. echo $VARIABLE を使用してうまくいったかどうか確認します。
    例 ::
    setenv XILINX /programs/Xilinx

Linux (csh/tcsh シェル) で設定解除するには
  1. env -u VARIABLE または unsetenv VARIABLE というコマンドを使用します。
  2. env を使用してうまくいったかどうかテストします。
    例 ::
    env -u XILINX

Linux (sh/bash シェル)
  1. export VARIABLE = value コマンドを使用します。
  2. echo $VARIABLE を使用してうまくいったかどうか確認します。
    例 :
    export XILINX = /programs/Xilinx

Linux (sh/bash シェル) で設定解除するには
  1. unset VARIABLE コマンドを使用します。
  2. env を使用してうまくいったかどうか確認します。
    例 ::
    unset XILINX

Windows XP Professional

全体的に変更する場合 :
  1. [マイ コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    注記 : [マイ コンピュータ] がデスクトップにない場合は、[スタート] メニューから選択します)
  2. [詳細設定] タブをクリックします。
  3. [環境変数] をクリックし、必要な変数を追加します。
    例 :
    変数 : XILINX
    値 : C:\Xilinx

Windows 2000 Professional
  1. [マイ コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックします。
  3. [環境変数] をクリックし、必要な変数を追加します。
    例 :
    変数 : XILINX
    値 : C:\Xilinx
  4. [設定] をクリックします。
  5. [適用] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。

Windows XP/2000 Professional シングル セッションの場合
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. Xilinx 変数を設定します。
  3. PATH 変数を設定します。
  4. ザイリンクスのコマンド ライン アプリケーションを実行します
    例 :
    1. [スタート] → [プログラムの実行] をクリックし、「cmd」と入力します。
    2. プロンプトが表示されたら、「set XILINX=C:\<path_to_Xilinx>」と入力します。
    3. プロンプトが表示されたら、「set PATH=C:\<path_to_Xilinx>\bin\nt;%PATH%」と入力します。
    4. プロンプトが表示されたら、「ngdbuild」と入力します。


Project Navigator のシングル セッション


Windows OS では環境変数は Project Navigator の GUI から設定または設定解除できます。

Tcl シェル (8.2 以降から) で次を入力します。

set env(<VARIABLE>) <value>
例 :
set env(TEMP) c:\temp

環境変数を Tcl シェルから削除または設定解除するには、次を入力します。
unset env(<VARIABLE>)

例 :
unset env(TEMP)

環境変数の値を Tcl シェルから確認するには、次を入力します。
puts $::env(<VARIABLE>)
AR# 11630
日付 02/20/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略