UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 11653

3.x FPGA Express - グローバル バッファ (BUFG) が推論されないようにする方法

説明

キーワード : prevent, global buffer, insert, insertion, BUFG, 禁止, グローバル バッファ, 挿入

重要度 : 標準

概要 :
グローバル バッファ (BUFG) が推論されないようにする方法を示します。

ソリューション

1

これには、次の 2 つの方法があります。 最初の方法をお勧めします。

方法 1

1. FPGA Express をスタンドアロン モードで開きます。

Windows の場合の例 :

[スタート] → [プログラム] → [Foundation シリーズ 日本語版] → [アクセサリ] → [FPGA Express] をクリックします。

2. プロジェクトを作成してデザインを合成します。

3. [Chips] ウィンドウでファイルを選択します。

4. [Synthesis] → [Edit Constraints] をクリックして FPGA Express Constraints Editor を開きます。

5. [Ports] タブをクリックします。

6. BUFG を推論しないようにするクロック ネットの行で、[Global Buffer] 列のセルを [DONT USE] に設定します。

7. 今後すべてのクロック ネットで BUFG を推論しないようにするには、Constraints Editor を閉じる前に次のように変更します。

- <default> の行で、[Global Buffer] 列のセルを [DONT USE] に設定します。

2

方法 2 (Constraints Editor を使用できない場合)

この方法では、Constraints Editor ではなくコマンド ラインを使用します。

1. FPGA Express をスタンドアロン モードで開き、ネットリストを最適化およびエキスポートした後、スクリプトをエキスポートします。

スクリプトをエキスポートするには、FPGA Express で [Script] → [Export FPGA script] をクリックします。

2. 次の行を optimize_chip コマンドの前に挿入します (下記の例を参照)。

set_pad_buffer "DONT USE" <clock name>

3. fe_shell でスクリプトを実行します。 fe_shell は FPGA Express のコマンド ライン シェルで、%XILINX%\synth\bin-win32i にあります。 UNIX と同様のシェルなので、cd コマンドでスクリプトのディレクトリに移動し、「source script.fes」を実行してください。

FPGA Express のスクリプト例 :

open_project h:/incoming/dummy.exp

analyze_file -progress

create_chip -progress -name WGEN7 -target SPARTAN2 -device 2S150FG456 -speed -6 -frequency 200 -preserve WGEN

current_chip WGEN7

set_pad_buffer "DONT USE" /WGEN7/CLKD <== 挿入した行。 階層名を使用してください。

optimize_chip -name WGEN7-Optimized -progress

export_chip

list_message

close_project
AR# 11653
日付 08/11/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加