AR# 11766

|

9.1 PrimeTime/Timing Analyzer - Timing Analyzer および PrimeTime で 2 位相クロックに対し異なる OFFSET スラックがレポートされる

説明

キーワード : analyzer, negative, two-phase, primetime, timing, offset, 解析, ネガティブ, 負, 位相, タイミング, オフセット

ポジティブおよびネガティブ クロック エッジのフリップフロップの OFFSET に対し、TRACE でネガティブ エッジ フリップフロップのスラックが正しく計算されません。 これにより、TRACE と PrimeTime シミュレーションで異なる結果がレポートされます。

ソリューション

TRACE では 2 位相クロックの OFFSET スラックが、それぞれのエッジを基準に計算されます。 一方 PrimeTime では、ポジティブ エッジおよびネガティブ エッジのフリップフロップ両方に対し、立ち上がりエッジでのみスラックが計算されます。

この問題を回避するには、ポジティブ エッジのフリップフロップを含むグループを作成し、これに OFFSET 制約を設定します。さらに、ネガティブ エッジのフリップフロップを含む別のグループを作成し、これに OFFSET 制約を設定します。

この問題は、次のソフトウェア リリースで修正される予定です。
AR# 11766
日付 01/18/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed