UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 11917

4.1i Virtex-II MAP - DCM ベースのクロックを使用する IOB に対して IOB (プログラマブル) 遅延が不正にオンになる

説明

キーワード : Virtex-II, IOB, programmable, delay, on, default, DCM, プログラマブル, 遅延, デフォルト

重要度 : 標準

概要 :
Virtex-II デザインで、フリップフロップに DCM ベースのクロックが供給される IOB において、IOB 遅延がデフォルトでオンになっています。 この場合、IOB 遅延はオンであってはなりません。

ソリューション

この問題を回避するには、NODELAY 属性を使用します。

この属性は、UCF ファイルまたは NCF ファイルで次のように設定します。

NET RcvData* NODELAY ;
NET SelectOUT NODELAY ;

この問題は、最新版の 4.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、4.1i サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 11917
日付 08/20/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加