UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 11971

11.1 Virtex-II MAP - 「ERROR:DesignRules:503 - Blockcheck: Incompatible programming for IO standard.」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : DCI, bidirectional, class I, HSTL_I_DCI, SSTL2_I_DCI, SSTL3_I_DCI, HSTL_III_DCI, 双方向, クラス

双方向 I/O を クラス I (または III) の I/O 規格に割り当てようとすると、関連した MAP のパック段階で次のエラー メッセージが表示されます。しかし、I/O 規格の属性をクラス I (または III) からクラス II (または IV) に変更すると、エラーは発生しません。

"ERROR:DesignRules:503 - Blockcheck: Incompatible programming for IO standard.
IO standard SSTL2_I_DCI of comp TST does not allow both input and output
programming on the same comp."

ソリューション

This error is valid. 双方向ピンに対してクラス II (または IV) の I/O 規格ではエラーが発生しないのに、クラス I (または III) の I/O 規格でエラーが発生する原因は、それぞれの規格で使用される終端設定に関係します。

クラス II (または IV) の規格では伝送ラインと対称の終端設定が使用されます。終端レジスタはソース サイドとレシーバ サイドの両方にあります。クラス I (または III) の規格では、伝送ラインと非対称の終端設定が使用されます。終端レジスタはレシーバ サイドのみにあります。このため、Virtex-II シリコンでは、ソース サイドとレシーバ サイドで I/O パッドへの接続が共有されるため、奇数のクラスは双方向 IOB で使用できません。
AR# 11971
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加