AR# 12085

|

Virtex/-E/-II/-II Pro、Spartan/-XL/-II/-IIE/-3 IBIS - ザイリンクス IBIS モデルを使用して JTAG ピンのシミュレーションを行う方法について

説明

キーワード : I/O, IO, standard, 規格

ザイリンクス IBIS モデルを使用して JTAG ピンのシミュレーションを行う方法を教えてください。

ソリューション

JTAG TAP ピン (TDI、TDO、TMS、TCK) のシミュレーションを行うには、ザイリンクス IBIS モデルを次の設定で使用します。

I/O 規格 => LVTTL
駆動強度 => 12 mA
スルー レート => Fast

Virtex-II Pro および Spartan-3 以外のデバイスでは、これらの設定は EXTEST および SAMPLE/PRELOAD 中にコンフィギュレーションされていない I/O にも適用されます。コンフィギュレーション後は、ユーザー デザインで指定した I/O 規格、駆動強度、およびスルー レートで IBIS モデルを使用します。Virtex-II Pro および Spartan-3 デバイスでは、 LVCMOS25、12mA、Fast スルー レートを使用してください。
AR# 12085
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed