UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 12281

ChipScope Analyzer - Core Inserter のプロジェクトを使用せずに信号名をインポートする方法

説明

ChipScope Analyzer には、信号名をインポートするために CDC ファイルが必要です。これは ChipScope Core Inserter のプロジェクト ファイルです。

ChipScope Core Inserter を使用しない場合、信号名はどのようにインポートできますか。

ソリューション


ソリューション 1

CDC ファイルを書き出しします。

CDC ファイルには次の 5 つのコンポーネントが必要です。

  1. ファイルの第 1 行目の Core Inserter のプロジェクト ファイルであることを示すコメント

    #ChipScope Core Inserter Project Version 2.0
     
  2. ILA コアに接続されているすべてのデータ信号の信号名の宣言

    Project.unit.Unit Number.data<Channel Number>=Signal Name
     
  3. データ バスの幅の宣言
    これは ILA コアと正確に一致している必要があります。そうでないと ChipScope Analyzer で CDC ファイルを読み込むことができません。 

    Project.unit.Unit Number.dataWidth=Data Bus Width
     
  4. ILA コアに接続されている各トリガー信号の信号名の宣言

    Project.unit.Unit Number.trigger<Channel Number>=Signal Name
     
  5. トリガー バスの幅の宣言
    これは ILA コアと正確に一致している必要があります。そうでないと ChipScope Analyzer で CDC ファイルを読み込むことができません。 

    Project.unit.Unit Number.triggerWidth=Trigger Bus Width

次は CDC ファイルの例です。これは ChipScope でカウンタ- デザインと共に使用できます。


___begin file___

#ChipScope Core Inserter Project Version 2.0

Project.unit.0.data<0>=counter[0]

Project.unit.0.data<1>=counter[1]

Project.unit.0.data<2>=counter[2]

Project.unit.0.data<3>=counter[3]

Project.unit.0.data<4>=counter[4]

Project.unit.0.data<5>=counter[5]

Project.unit.0.data<6>=counter[6]

Project.unit.0.data<7>=counter[7]

Project.unit.0.data<8>=counter[8]

Project.unit.0.data<9>=counter[9]

Project.unit.0.data<10>=counter[10]

Project.unit.0.data<11>=counter[11]

Project.unit.0.data<12>=counter[12]

Project.unit.0.data<13>=counter[13]

Project.unit.0.data<14>=counter[14]

Project.unit.0.data<15>=counter[15]

Project.unit.0.dataWidth=16

Project.unit.0.trigger<0>=counter[0]

Project.unit.0.trigger<1>=counter[1]

Project.unit.0.trigger<2>=counter[2]

Project.unit.0.trigger<3>=counter[3]

Project.unit.0.trigger<4>=counter[4]

Project.unit.0.trigger<5>=counter[5]

Project.unit.0.trigger<6>=counter[6]

Project.unit.0.trigger<7>=counter[7]

Project.unit.0.triggerWidth=8


ソリューション 2

CORE Generator から生成される CDC ファイルを修正します。

ILA/VIO コアを生成する場合、CDC ファイルは各コアと共に生成されます。

トリガーおよびデータ信号名はこれらの CDC ファイルですべてデフォルトの名前になっていて、上記の説明に従い手動で変更する必要があります。

変更後、CDC ファイルを 1 つずつ ChipScope Pro Analyzer にインポートします。

CDC ファイルをインポートするとき、デザインで正しい ILA/VIO コアを選択するようプロンプトが表示されます。


ソリューション 3 (ISE 13.2+)

1. CORE Generator ツールから直接出力される CDC ファイルを修正します。

2. ChipScope Pro Analyzer のインポート機能を使用します。

3. CDC ファイルを適用する ILA コアを選択します。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
41670 ChipScope - ChipScope フローで信号名を手動で追加せずに Analyzer に入力する方法 N/A N/A
37044 ChipScope - ChipScope Pro Analyzer で信号名を変更する方法 N/A N/A
AR# 12281
日付 12/23/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ChipScope Pro - 11.3
  • ChipScope Pro - 11.4
  • ChipScope Pro - 11.5
  • More
  • ChipScope Pro - 10.1
  • ChipScope Pro - 10.1 sp1
  • ChipScope Pro - 10.1 sp2
  • ChipScope Pro - 10.1 sp3
  • ChipScope Pro - 11.1
  • ChipScope Pro - 11.2
  • ChipScope Pro - 12.1
  • ChipScope Pro - 12.2
  • ChipScope Pro - 12.3
  • ChipScope Pro - 12.4
  • ChipScope Pro - 13.1
  • Less
このページをブックマークに追加