AR# 12507

|

3.x FPGA Express - Virtex-II の差動信号 (LVDS, LVPECL など) をインプリメントする方法について

説明

キーワード : LVDS, LVPECL, Virtex-II, IOSTANDARD

重要度 : 標準

概要 :
Virtex-II デバイスの差動信号をインプリメントする方法を教えてください。

ソリューション

1

次は簡単な VHDL の例です。ここでは、インスタンシエートされた OBUFDS に渡される IOSTANDARD 属性を設定した OBUFDS コンポーネントをインスタンシエートします。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity differential_signaling is
Port(d0 : in std_logic; --data in to obufds
d1 : in std_logic; --data in to obufds
d0_out : out std_logic;
d0_out_ob : out std_logic;
d1_out_ob : out std_logic;
d1_out : out std_logic);
end differential_signaling;

architecture differential_signaling_arch of differential_signaling is

component OBUFDS
port(I : in std_logic;
O : out std_logic;
OB : out std_logic);
end component;

attribute IOSTANDARD : string;
attribute IOSTANDARD of U0 : label is "LVDS_25";
attribute IOSTANDARD of U1 : label is "LVDS_25";

begin

U0: OBUFDS
port map (I => d0,
O => d0_out,
OB => d0_out_ob);

U1: OBUFDS
port map (I => d1,
O => d1_out,
OB => d1_out_ob);
end architecture;

2

次は簡単な Verilog の例です。ここでは、インスタンシエートされた OBUFDS に渡される IOSTANDARD 属性を設定した OBUFDS コンポーネントをインスタンシエートします。

module differential_signaling (d0, d1, d0_out, d0_out_ob, d1_out, d1_out_ob);

input d0 ; //-data in to LVPECL output
input d1 ; //--data in to LVPECL output
output d0_out ;
output d0_out_ob ;
output d1_out_ob ;
output d1_out ;

OBUFDS U0 (.I ( d0), .O ( d0_out), .OB ( d0_out_ob)); //synopsys attribute IOSTANDARD "LVDS_25"
OBUFDS U1 (.I ( d1), .O ( d1_out), .OB ( d1_out_ob)); //synopsys attribute IOSTANDARD "LVDS_25"

endmodule
AR# 12507
日付 08/11/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed