AR# 12509

|

4.1i ISE - Auto-FG および Auto-CS パッケージを選択して CoolRunner-II パッケージをインプリメントするとエラーが発生する

説明

キーワード : CoolRunner-II, CoolRunner2, translate, FG, CS, auto select, 変換, 自動選択

重要度 : 標準

概要 :
CoolRunner-II デザインをインプリメントする際に Auto-CS XC2C000 デバイスを選択していると、次のようなメッセージが表示されます。

"Release 4.1i - X9K/XPLA Optimizer/Partitioner E.30
Copyright (c) 1995-2001 Xilinx, Inc. All rights reserved.
Error: CPLD - The device name XC2C**-CS* is invalid. Please specify a correct device name, e.g. XC95108-7-PQ160.
Tcl _cpldfit.tcl detected a return code of '2' from program 'cpldfit -f _cpldfit.rsp <design_name>.ngd'

Done: failed with exit code: 0001."

Auto-FG XC2C000 を選択すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"Release 4.1i - X9K/XPLA Optimizer/Partitioner E.30
Copyright (c) 1995-2001 Xilinx, Inc. All rights reserved.
ERROR:Cpld - The device name XC2C**-FG* is invalid. Please specify a correct device name, e.g. XC95108-7-PQ160.
Tcl _cpldfit.tcl detected a return code of '2' from program 'cpldfit -f _cpldfit.rsp <design_name>.ngd'

Done: failed with exit code: 0001."

ソリューション

4.1i では CoolRunner-II と FG または CS パッケージの組み合わせがサポートされないため、この問題が発生します。

CoolRunner-II と FG パッケージの組み合わせは、今後サポートされる予定です。 現在のところ、CoolRunner-II と CS パッケージの組み合わせをサポートする予定はありません。

この問題は、最新版の 4.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、4.1i サービス パック 2 以降に含まれます。
AR# 12509
日付 08/11/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed