AR# 12599

|

4.1i CORE Generator - ブロック ROM が使用されていると Sine-Cosine Look-Up Table (v3.0) を生成できない

説明

キーワード : CORE Generator, COREGen, sine, cosine, ISE, サイン, コサイン

重要度 : 標準

概要 :
スタンドアロンで 4.1i CORE Generator を起動した場合、[メモリ タイプ] に [ブロック ROM] が選択されていると、Sine-Cosine Look-Up Table コア (V3.0) が生成されません。 この場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"CORE Generator Error:
SIM で選択したコアをインプリメントする際に問題が生じました。 インプリメンテーション ネットリストは生成されません。

"CORE Generator Warning:
一部の出力ファイルの生成に問題が発生しました。 詳細は、コンソール ウィンドウまたは coregen.log ファイルで確認してください。

次のエラー メッセージは、CORE Generator のコマンド ウィンドウに表示されます。

"ERROR: 内部エラーが発生しました。 この問題を解決するには、http://support.xilinx.co.jp のアンサー データベースを参照してください。
ERROR: SIM で選択したコアをインプリメントする際に問題が生じました。 インプリメンテーション ネットリストは生成されません。
ERROR: SIM ジェネレータ : カスタマイズ パラメータ コア test のインプリメンテーションを実行できませんでした。
ERROR: コア <test> の EDIF インプリメンテーション ネットリスト ファイル (.EDN) は生成されませんでした。.vho/.vhd シミュレーション サポート ファイルを生成中...
WARNING: test (Sine-Cosine Look-Up Table 3.0) を生成中に警告/エラーの両方またはいずれかが見つかりました。出力ファイルの一部が生成されていない可能性があります。
WARNING: 一部の出力ファイルの生成に問題が発生しました。 詳細については、コンソールまたは coregen.log を参照してください。
ERROR: コア Sine-Cosine Look-Up Table の生成ができませんでした。
ERROR: コア Sine-Cosine Look-Up Table を生成できませんでした。

ソリューション

この問題は、TRIG_RAM が原因で発生します。MIF ファイルが作業中のプロジェクト ディレクトリにコピーされていません。

ソリューション 1:

1. TRIG_RAM をコピーします。MIF ファイルを %XILINX%\bin\nt ディレクトリからプロジェクト ディレクトリにコピーします。

2. コアを再生成します。


ソリューション 2:

1. DOS プロンプトで cd コマンドを使用し、ディレクトリをプロジェクト ディレクトリに変更します。

2. coregen と入力すると、CORE Generator が起動します。

3. コアを生成します。


ソリューション 3:

Project Navigator から CORE Generator を起動し、デザイン フローの一部として使用します。


ソリューション 4:
この問題は、次の 4.1i IP アップデート #1 (E_IP1) に含まれる Sin-Cosine Look-Up Table v4.0 修正されています。

最新版 IP アップデートは、次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/ipcenter/coregen/updates.htm
AR# 12599
日付 03/13/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed