AR# 12611

|

4.1i CORE Generator - [コア カタログの表示] で選択されていても、同期 FIFO v1_0 が GUI に表示されない

説明

キーワード : CORE Generator, COREGen, Synchronous, FIFO,同期

重要度 : 標準

概要 :
[プロジェクト] → [コア カタログの表示] → [カスタマイズ] で同期 FIFO v1_0 をクリックしても、Core Generator のメイン ウィンドウに表示されません。 表示させることができないため、生成もできません。

[コア カタログの表示] → [カスタマイズ] ウィンドウで、Virtex Family の同期 FIFO v1_0 をクリックすると、4K ファミリの同期 FIFO v1_0 も選択されますが、メイン ウィンドウにはどちらも表示されません。 コアの名前が緑になり、また黒に戻ることもあります。

ソリューション

これは、2 種類の同期 FIFO v1_0 コアが存在するために発生します。1 つは XC4000 ファミリ用で、もう一つは Virtex/Virtex-II ファミリ用です。 CORE Generator はどちらか一つを選択できないため、両方選択されないことになります。

Virtex または Virtex-II ファミリのデザインを行っている場合は、最新版の同期 FIFO を使用してください。最新版は v2 か v3 以降です。 どうしても v1_0 を使う必要がある場合は、次のディレクトリ名を変更してください。 例えば、ディレクトリ「fifo」を「fifo_save_4k」のように変更します。

C:\Xilinx_ISEA4.1i\coregen\ip\xilinx\primary\com\xilinx\ip\fifo

上のディレクトリ名を変更することで、XC4000 ファミリ用の同期 FIFO v1_0 を無効にできます。

XC4000 のデザインをしており、同期 FIFO v1_0 (for 4K) を使う必要がある場合は、Virtex ファミリ用の同期 FIFO ディレクトリ名を変更する必要があります。 次のディレクトリを変更します。例えば「sync_fifo_v1_0」を「sync_fifo_v1_0_save」のように変更します。

C:\Xilinx_ISEA4.1i\coregen\ip\xilinx\primary\com\xilinx\ip\sync_fifo_v1_0


上のディレクトリ名を変更することで Virtex および Virtex-II ファミリの同期 FIFO v1_0 を無効にできますが、できるだけ v2_0 以降を使用してください。
AR# 12611
日付 10/09/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed