UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 12715

LogiCORE PCI - CardBus アプリケーションで Virtex および Spartan-II デバイスを使用する際の注意点

説明

キーワード : CardBus, Spartan-II, Virtex, clamp, diode, PCI, PCI-X,クランプ,ダイオード

重要度 : 標準

概要 :
TTL I/O 標準を使用している Virtex および Spartan-II デバイスでクランプ ダイオードが自動的にイネーブルになりません。 CardBus では、クランプ ダイオードが必要です。 クランプ ダイオードをイネーブルにする方法を教えてください。

ソリューション

CardBus は 3.3V であり、クランプ ダイオードおよび特定の出力スルー レートが必要です。 通常、ある TTL SelectI/O モードを選択してクランプ ダイオードをイネーブルにしますが、Virtex および Spartan-II の TTL モードではイネーブルになりません。 Virtex および Spartan-II デバイスで CardBus を使用する場合は、最寄りのザイリンクス FAE に連絡し、クランプ ダイオードをイネーブルにする方法を問い合わせてください。

Virtex-E と Spartan-IIE では、デバイスを保護する目的で TTL Select/O モードを選択したときにクランプ ダイオードがオンになります。 この2 次的な効果として、CardBus の電気的コンプライアンスが得られます。
AR# 12715
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加