UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 12747

7.1i XST - 複数のクロック ドメインをまたがる解析はサポートされているか

説明

キーワード : 5.1i, 7.1i, XST, timing analysis, cross clock domain, タイミング解析, クロス クロック ドメイン

重要度 : 標準

概要 :
XST では、タイミング最適化中に、複数のクロック ドメイン間については自動的に考慮されません。 複数のクロック ドメインをまたがる解析はサポートされていますか。

ソリューション

はい、サポートされています。 複数のクロック ドメインにまたがって解析するには、XST でオプションを設定する必要があります。 このオプションは、コマンド ラインモードでのみサポートされています。(ISE ではサポートされていません。) 次のオプションを指定してください。

-cross_clock_analysis YES

例 :

run -ifn <INPUT_FILE_NAME>.vhd -ifmt VHDL -p xcv50-bg256-6 -ofmt NGC -ofn xst_demo -cross_clock_analysis YES

上記を説明すると次のようになります。
-ifn : 入力ファイル名
-ifmt : 入力 HDL フォーマット (Verilog または VHDL)
-p : ターゲット デバイス
-ofmt : 出力フォーマット (EDIF または NGC)
-ofn : 出力ファイル名

コマンド ライン モードで XST を実行する方法については、次のサイトにある 『XST ガイド』の第 8 章を参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/support/software_manuals.htm

AR# 12747
日付 04/12/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加