AR# 12907

|

LogiCORE SPI-4.2 (POS-PHY L4) v3.x - PL4 コアのシンク側がデータシートの速度で動作しない

説明

キーワード : POS-PHY, PL4, DELAY, NODELAY, LVDS, PHASE_SHIFT, DIP-4, LVDS, SPI 4.2, sink, Rdat, Rctl, 遅延, 位相シフト, シンク

重要度 : 標準

概要 :
PL4 コアのシンク側がデータシートの速度で動作しません。または、データシートの速度で動作させるためには、PHASE_SHIFT にデフォルトの 64 とかなり異なる値を設定する必要があります。

Rdat および RCtl 入力パスに DELAY 属性が設定されているのはなぜですか。

ソリューション

1

この問題は、バージョン 3.1 のコアで修正されています。 これ以降のバージョンのコアには、修正が含まれています。

2

LVDS 入力に対してインプリメンテーション ツールで DELAY 属性が設定されますが、これは PL4 コアに対しては適切ではありません。

この問題を回避するには、次の手順に従います。

1. design.ucf ファイルに次の行を追加します。
NET "RDat_P*" NODELAY;
NET "RCtl_P" NODELAY;

2. インプリメンテーション ツールをもう一度実行します。

詳細については、(Xilinx Answer 11917) を参照してください。

PL4 のバージョン 4.x では、上記の属性が UCF ファイルに既に追加されています。
AR# 12907
日付 05/03/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed