UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13042

4.1i CORE Generator - IP キャプチャで RTL (.vhd/.v) ファイルがプロジェクト ディレクトリにコピーされない (Windows)

説明

キーワード : IP, capture, tool, netlist, RTL, CORE Generator, cores, キャプチャ, ツール, ネットリスト

重要度 : 標準

概要 : IP キャプチャ機能で以前にキャプチャしておいたコアを生成しても、RTL ファイルがプロジェクト ディレクトリにコピーされません。 この問題は、Windows でのみ発生します。

ソリューション

IP キャプチャで作成された RTL ソース ファイルがデザインに多く含まれ、これらのファイルがザイリンクスのインストール ディレクトリに抽出される場合、RTL ファイルは次のディレクトリに含まれます。

C:\Xilinx\coregen\ip\xilinx\<short_company_name>\com\<short_company_name>\ip\<corename>\<architecture>\synthesis

上記を説明すると次のようになります。 short_company_name = IP キャプチャで入力した会社名 corename = IP キャプチャで入力した内部モジュール名およびバージョン番号 architecture = デバイス ファミリ (例 : Virtex、Virtex-II)

作業中のプロジェクト ディレクトリの上のディレクトリから RTL ファイルを手動でコピーしてください。
AR# 13042
日付 10/09/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加