UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13047

4.1i Spartan-XL PAR - タイミングが満たされた後も配線が終了しない

説明

キーワード : routing, routed, timing, score, 0, zero, 配線, タイミング, スコア, ゼロ

重要度 : 標準

概要 : デザインの配線が終了し、タイミング制約も満たされたのに、配線処理が終了しません。

ソリューション

1

この問題は、最新版の 4.2i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、4.2i サービス パック 1 以降に含まれます。

2

この問題は、タイミング解析ツールの OFFSET 制約に関連して発生します。

次のように配線の反復回数を制限すると、問題を回避できます。

Foundation の場合 : Project Manager の [Implementation] → [Options] をクリックします。 [Implementation] の [Edit Options] ボタンをクリックし、[Place and Route] タブ内で配線回数を [Auto] 以外に設定します。

ISE の場合 : Project Navigator のプロセス ウィンドウの [Implement Design] を右クリックし、[プロパティ] → [Place & Route Properties] タブをクリックして、[Number of Routing Passes] ボックスに値を入力します。

コマンド ラインの場合 : -i n オプションを使用します。 n には配線の反復回数を入力します。
AR# 13047
日付 10/20/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加