UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13127

4.1i PROMGen - PROM の使用量が上限に達している場合でも、フィル値によってチェックサムが変わる

説明

キーワード : PROMGen, checksum, daisy chain, チェックサム, デイジー チェーン

重要度 : 標準

概要 :
PROMGen により、チェーン内の各 PROM のチェックサムが出力されますが、 PROM の使用量が上限に達している場合でも、フィル値によってチェックサムが変わってしまいます。

PROM の使用量が上限に達している場合、すべてのメモリ セルはプログラムされているため、フィル値によってチェックサムは変わりません。

ソリューション

これは PROMGen に問題があって発生するもので、バージョン 5.1i で修正されています。

メモ :
- 使用量が上限に達している PROM に対し、フィル値が 0x00 に設定されている場合、PROMGen は正しいチェックサムを計算します。
- 使用量が上限に達していない PROM に対し、フィル値が 0xFF に設定されている場合、PROMGen は正しいチェックサムを計算します。

以上のことを踏まえた上で、この問題を回避するには、PROMGen を 2 度実行します。

1. フィル値を 0x00 に設定し、PROMGen を実行します。 計算されるチェックサムは、使用量が上限に達している PROM すべて (通常は、PROM チェーン内の最後の PROM 以外のすべて) に対し使用されます。

2. フィル値を 0xFF に設定し、PROMGen を再度実行します。 計算されるチェックサムは、使用量が上限に達していない PROM すべて (通常は、PROM チェーン内の最後の PROM のみ) に対し使用されます。
AR# 13127
日付 09/30/2005
ステータス アーカイブ
種類 ??????
このページをブックマークに追加