AR# 13166

|

4.2i XST ‐ XST 4.2i の新機能

説明

キーワード : 4.21, XST, what, new, language, coverage, VHDL, 新機能, サポート

重要度 : 標準

概要 :
XST 4.2i の新機能について説明します。

ソリューション

XST 4.2i には、次の機能が追加されています。

- 命名規則 bus<#> を使用することにより、内部バスを維持
- 最終ネットリストで大文字と小文字の区別を維持
- 属性構文でバスのプロパティ リストをサポート

VHDL に関する新機能
- ターゲットがベクタのアレイである場合にスライスの連結をサポート (ザイリンクス アンサー #13893)
- process 文での定数宣言をサポート (ザイリンクス アンサー #13894)
- パッケージ ファイルでの信号宣言をサポート (ザイリンクス アンサー #13895)
- loop 文および while...loop 文をサポート (ザイリンクス アンサー #13955)
- loop 文での next、exit、return 処理における実行時間とメモリ使用を向上
- 定数宣言でのレポート タイプの使用をサポート (ザイリンクス アンサー #13961)
- return ファンクションでのレポート タイプの使用をサポート (ザイリンクス アンサー #13960)
- ファンクションでの文字列タイプの使用をサポート
- ファンクションでの属性計算を向上
- return ファンクションでの多次元アレイ サポートを向上

XST では、Virtex-II Pro デバイス ファミリがサポートされています。 また、CoolRunner-II デバイス ファミリも次のようにサポートされています。

- 両エッジで動作するフリップフロップの自動追加をサポート
- 次の制約をサポート

DIVIDE_BY
DIVIDER_DELAY
COOL_CLK
DATA_GATE
AR# 13166
日付 08/06/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed