UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13182

6.1i XST - MULT18X18S の既知の問題 (Virtex-II に組み込まれた乗算器)

説明

キーワード : Virtex, VHDL, Verilog, XST, multiplier, MULT_STYLE, register, attribute, global, signal, 18x18, multiplier, infer, synchronous, MULT18X18, report, 乗算器, レジスタ, 属性, グローバル, 信号, 乗算器, 推論, 同期, レポート

重要度 : 標準

概要 :
このアンサー データベースには、MULT18X18S コンポーネントの既知の問題を記載します。 ここに記載する回避方法で問題が解決されない場合は、次のサイトからウェブ ケースを開いてください。
http://www.xilinx.co.jp/support/clearexpress/websupport.htm

ソリューション

1

「MULT_STYLE」属性を乗算の積を示す信号に適用しますが、信号がレジスタを介すると、その属性が無視されます。

この問題を回避するには、属性をグローバル設定として使用してください。

詳細については、『5.1i 制約ガイド』を参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/support/software_manuals.htm

メモ : この問題は 6.1i ソフトウェア リリースで修正されています。

2

XST を使用すると、『合成/検証デザイン ガイド』に記載されている HDL コードで MULT18X18S が推論されません。

XST は、現時点では、Virtex-II デバイスの同期ブロック乗算器を推論できません。

この問題は、最新版の 5.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、5.1i サービス パック 2 以降に含まれます.

また、プリミティブをインスタンシエートによっても問題を回避できます。 インスタンシエーションのテンプレートは、現在のバージョンの『ライブラリ ガイド』から入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/support/software_manuals.htm

3

出力に対して複数レジスタを使用する場合、XST が MULT18X18S を推論しません。

可能な場合は、乗算器の出力に対して、レジスタを複数回使用しないでください。

4

Verilog でアレイの乗算を実行すると、XST で MULT18X18 乗算器が過剰に推論されます。


:
:
reg signed [17:0] InA [5:0];
reg signed [17:0] InB [5:0];
reg signed [35:0] O [5:0];

always @ (posedge Clk)
begin
O [0] <= InA [0] * InB [0];
O [1] <= InA [1] * InB [1];
O [2] <= InA [2] * InB [2];
O [3] <= InA [3] * InB [3];
O [4] <= InA [4] * InB [4];
O [5] <= InA [5] * InB [5];
end

:

この問題を回避するには、アレイで乗算を実行しないでください。

例 :
:
:
reg signed [17:0] InA0, InA1, InA2, InA3, InA4, InA5;
reg signed [17:0] InB0, InB1, InB2, InB3, InB4, InB5;
reg signed [35:0] O0, O1, O2, O3, O4, O5;

always @ (posedge Clk)
begin
O0 <= InA0 * InB0;
O1 <= InA1 * InB1;
O2 <= InA2 * InB2;
O3 <= InA3 * InB3;
O4 <= InA4 * InB4;
O5 <= InA5 * InB5;
end
:
:

この問題は、5.2i ソフトウェア リリースで修正されています。

5

XST で、Virtex-II Pro データシートおよび MAP と PAR レポートに記載されているより多数の MULT18X18 ブロックがレポートされます。

これは、XST のレポートの問題です。

各デバイスにある正確な MULT18X18 コンポーネント数は、次のリンクからデータシートを参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xweb/xil_publications_index.jsp?iLanguageID=2

メモ : この問題は、6.1i ソフトウェア リリースで修正されています。
AR# 13182
日付 03/05/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加