UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13276

4.1i PAR - 「WARNING:Place:2015 - A clock IOB/clock component pair have been found that are not placed in a good clock IOB/clock site pair...」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : PAR, place, 2015, clock, BUFG, IOB, 配置配線, 配置, クロック

重要度 : 標準

概要 : PAR を実行中に次のような警告メッセージが表示されます。

WARNING:Place:2015 - A clock IOB/clock component pair have been found that are not placed in a good clock IOB/clock site pair. The clock component <top/CLKMUX> is placed at site BUFGMUX4P. The clock IO site that is paired with this clock buffer site is W11. The IO component DV_2_CLK is placed at site V11. This will not allow the use of the fast path between the IO and the Clock buffer. You may want to analyze why this problem exists and correct it. This is not an error so processing will continue.

このメッセージが表示されるのは、BUFGMUX が MUX として使用されている場合のみです。 このピン配列に問題がありますか。 高速配線はされますか。 また、この警告メッセージはどうすれば表示されなくなりますか。

ソリューション

ピン配列は間違っていません。 この問題は、IOB が不正な BUFGMUX ピンに接続されていると発生します。 BUFGMUX と接続されている IOB に使用可能な入力ピンは、グローバル バッファの I0 か I1 のどちらかのみです。 このため、警告メッセージのとおり、高速配線はできません。

この問題を回避するには、BUFGMUX の入力ピンをスワップする必要があります。 これで、正しい IOB がバッファへの直接配線に使用されます。
AR# 13276
日付 10/20/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加