UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13491

4.2i Project Navigator - [Create Logic Allocation File]、[Create Mask File]、[Create ReadBack Data Files] プロパティが異なるタブに移動している

説明

キーワード : BitGen, Project Navigator, properties, readback, Virtex, Generate Programming file, Allow Select Map, プロパティ, リードバック

重要度 : 標準

概要 :
以前は [Generate Programming File] プロセスを右クリックしプロパティをクリックして表示されたダイアログ ボックスの [General Options] タブに [Create Logic Allocation File]、[Create Mask File]、[Create ReadBack Data Files] プロパティがありましたが、今は [Readback Options] タブにあります。

さらに、[Generate Readback Bit Stream] オプションの名前が変更されて [Allow SelectMAP Pins to Persist] になっています。

ソリューション

1

[Create Readback Data Files]、[Create Mask File]、[Create Logic Allocation File] オプションは、リードバック特有のオプションであるため、[Readback Options] タブに移動されました。

2

[Generate Readback Bit Stream] オプションの名前が変更されて [Allow SelectMAP Pins to Persist] になっています。 この名称は、このオプションの特性をより正確に反映させたものです。Virtex または Virtex-II の -g Persist 値を有効にします。

これにより、SelectMAP ピンを使用してデバイス コンフィギュレーションの後も SelectMAP ポートに接続したままの状態にして、SelectMAP モードでリードバックできます。 -g Persist オプションではリードバック ビットストリームを生成できません。 リードバック ビットストリーム生成には -g ReadBack オプションを使用します。
AR# 13491
日付 08/11/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加