UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13613

2002.a LeonardoSpectrum - 「-- synopsys translate_off」命令が使用されているとソフトウェアが強制終了する

説明

キーワード : Leonardo, 2002a, synopsys, translate, hang, freeze, COREGen, 変換, 動作の停止, 強制終了, CORE Generator

重要度 : 標準

概要 :
CORE Generator コンポーネントのインスタンシエート時のコードに次の行が含まれている場合、

-- synopsys translate_off
configuration cfg_perm_dcf of perm_dcf is
.
.
-- synopsys translate_on

このファイルを実行しているときにソフトウェアが強制終了します。

ソリューション

低位コンフィギュレーション文が、「transalte_off」および「translate_on」命令とともに使用されているときに、この問題は発生します。 これらの命令を使用したコンフィギュレーション文は、最上位にあり、デザインは問題なく処理できます。

この問題を回避するには、「translate_on」および「translate_off」命令を使用しないでください。

例 :

-- synopsys translate_off
configuration cfg_perm_dcf of perm_dcf is
.
.
-- synopsys translate_on

上記の「--synopsys transalte_off」という行を削除します。 コンフィギュレーション ライブラリはザイリンクス ツールの一部であるため、この行を削除しても問題はありません。これで LeonardoSpectrum は強制終了されなくなります。 LeonardoSpectrum で警告メッセージが表示されますが、無視しても問題はありません。
AR# 13613
日付 04/23/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加