UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13702

5.1i iMPACT - SVF ファイルの正しい作成とデバッグ方法

説明

キーワード : iMPACT, SVF, debug, create, デバッグ, 作成

重要度 : 標準

概要 :
SVF ファイルの正しい作成とデバッグ方法

ソリューション

SVF のデバッグ

iMPACT GUI を使用
JTAG ポートおよびパラレル ケーブルにアクセスがあることを確認します。チェーンを iMPACT に接続し、次のアイテムを順番に確認します。

1. iMPACT でチェーンが認識されている。認識されていれば、チェーンが正しくセットアップされています。
2. チェーン内の各デバイスに対する IDCODE を取得する。
3. デバイスのプログラムを試みる。

XSVF ファイルとパラレル ケーブルを使用
上述の機能すべてが iMPACT の GUI で問題なく実行されている場合、XSVF ファイルと PLAYXSVF プログラムを使ったプロセスをパラレル ポートから繰り返します。

1. IDCODE を取得するため SVF ファイルを作成し、XSVF ファイルに変更します。
2. PLAYXSVF をこのファイルを使って使用し、 SVF ファイルにエラーが含まれていないことを確認します。

発生したエラーはレポートされます。 TDI と TDO も検証されます。 SVF ファイルが正しく生成されていることを確認してください (最新版のサービス パックが使用されいる限り、これは問題はありません)。 SVF ファイルに問題がある場合は、その問題をさらに追求してください。たとえば、TOD にすべて 1 または 0 が表示されている場合は、TDO ピンがショートしていることを示しています。

SVF ファイルの内容に関する詳細については、(アプリケーション ノート XAPP503)「SVF and XSVF File Formats for Xilinx Devices」を参照してください。

IDCODE を取得するには、チェーンをプログラムするためのファイルを作成します。

デバイスが正しくプログラムされ機能していることを確認します。

マイクロプロセッサへダウンロード
デバイスが XSVF ファイルを使ってパラレル ポートからプログラムされていること、ボード、デバイス、SVF ファイル、XSVF ファイルの問題がすべて解決されていることを前提とします。 マイクロコントローラとのインターフェイスをさらに詳しく検証します。この詳細については、「Xilinx In-System Programming Using an Embedded Microcontraller」(アプリケーション ノート XAPP058) を参照してください。
AR# 13702
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加