AR# 13769

|

4.1i Timing Analyzer/TRCE (Trace) - DCM 固定位相シフトが可変シフト モードで反映されない

説明

キーワード : timing, TRCE, DCM, phase, shift, variable, fixed, clock, タイミング, 位相, シフト, 可変, 固定, クロック

重要度 : 標準

概要 :
可変位相シフト モードで DCM を使用してデザインのスタティック タイミング解析を実行すると、固定位相シフトが反映されません。 どうしてでしょうか。

ソリューション

DCM が可変モード時のタイミング解析に固定位相シフトを加えることついては、現在調査中です。

位相をデザインに反映させるために、PHASE キーワードを使い、固定位相モデルの DCM 出力に PERIOD 制約を適用することが可能です。

例 :

TIMESPEC "TS_clk33_3p75" = PERIOD "clk33_3p75_grp" "TS_clk133" * 4.0 PHASE + 3.75 ns;

メモ : これは DCM が可変モードの場合にのみ適用されます。固定位相シフト モードの場合には適用できません。

AR# 13769
日付 10/07/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed