UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13769

4.1i Timing Analyzer/TRCE (Trace) - DCM 固定位相シフトが可変シフト モードで反映されない

説明

キーワード : timing, TRCE, DCM, phase, shift, variable, fixed, clock, タイミング, 位相, シフト, 可変, 固定, クロック

重要度 : 標準

概要 :
可変位相シフト モードで DCM を使用してデザインのスタティック タイミング解析を実行すると、固定位相シフトが反映されません。 どうしてでしょうか。

ソリューション

DCM が可変モード時のタイミング解析に固定位相シフトを加えることついては、現在調査中です。

位相をデザインに反映させるために、PHASE キーワードを使い、固定位相モデルの DCM 出力に PERIOD 制約を適用することが可能です。

例 :

TIMESPEC "TS_clk33_3p75" = PERIOD "clk33_3p75_grp" "TS_clk133" * 4.0 PHASE + 3.75 ns;

メモ : これは DCM が可変モードの場合にのみ適用されます。固定位相シフト モードの場合には適用できません。

AR# 13769
日付 10/07/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加