AR# 13823

|

5.1i Virtex-II コンフィギュレーション - Virtex-II のトリプル DES 暗号化機能の使用法 および関連文書の入手方法

説明

キーワード : encrypt, encryp, BitGen, XAPP, application, note, AppNote, stepping, 暗号, アプリケーション ノート, ステッピング

Virtex-II のトリプル DES 暗号化機能はどのように使用しますか。 また、Virtex-II のトリプル DES 暗号化機能に関する文書はどこから入手できますか。

ソリューション

Virtex-II のトリプル DES 暗号化機能については、次のサイトで『Virtex-II Platform FPGA ユーザー ガイド』 の「デザインに関する注意事項」 -> 「ビットストリーム暗号化の使用」を参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xweb/xil_publications_display.jsp?category=/User+Guides/FPGA+Device+Families/Virtex-II/&iLanguageID=2

新規に注文されるデバイスでトリプル DES 機能を使用する予定の場合は、ご注文の際にその旨をお知らせください。 デバイスがトリプル DES に対してテストされていることを確認するため、特別な注文コードが必要になることがあります。

これらデバイスでビットストリームの暗号化を使用する場合のソフトウェア フローは次のとおりです。
1. UCF/NCF または HDL ファイルでステッピング レベルを次のように設定します。
CONFIG STEPPING = "1";

CONFIG STEPPING のデフォルト値については、(Xilinx Answer 14339) を参照してください。

2. ユーザー ガイドに記載された BitGen コマンドを適用します。

重要
2V1000、2V3000、2V4000、2V6000 デバイスの場合、デフォルトで CONFIG STEPPING = 0 と設定されます。

特別な注文番号を使用してデバイスを注文した場合、ステッピング レベル 1 のデバイスが送付されます。 ISE ソフトウェアで、正しいビットストリームが生成されるよう CONFIG STEPPING を 1 に設定する必要があります。

CONFIG STEPPING を 0 に設定した場合、ステッピング レベル 0 のデバイスのみで使用可能なビットストリームが生成されてしまいます。

特別な注文コードを使用して注文しなかった既存デバイスの場合、次の情報を参照してください。

- ユーザー ガイドに記載されているように、(Xilinx Answer 14339) にリストされているステッピング レベル 1 のデバイス (拡張乗算器をサポート) でトリプル DES がサポートされています。 これは、トリプル DES でサポートされている推奨方法です。 ただし、トリプル DES の機能を持つデバイスを注文するには、特別な注文コードを使用する必要があります。 特別な注文コードを使用して注文しなかった場合、これらのデバイスはトリプル DES に対してテストされません。 FAE または販売代理店に連絡して、正しいデバイスを入手してください。
- 次にリストされたステッピング レベル 0 のデバイスの場合、CONFIG STEPPING = 0 と設定してからトリプル DES 機能を使用できます。

 List of older devices requiring a patch for triple DES
List of older devices requiring a patch for triple DES


CONFIG STEPPING を 0 に設定し、BitGen の暗号化オプションを設定すると、デバイスを若干異なるシーケンスでコンフィギュレーションするビットストリームが生成されます。 これは、推奨された方法ではありません。ザイリンクスの指示がある場合にのみ使用してください。 この件に関するホワイト ペーパーを入手するには、ザイリンクス FAE またはザイリンクス テクニカル サポートにご連絡ください。



AR# 13823
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed