UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13879

4.2i Foundation シミュレーション - FPGA Express でネット名が重複していると警告メッセージが表示される

説明

キーワード : FPGA Express, Synopsys, VHDL, Aldec, simulator, unknown, duplicate, ignore, unknown, simulation, シミュレータ, 重複, 無視, シミュレーション

重要度 : 標準

概要 : FPGA Express で作成される EDIF ネットリストには、大文字/小文字のみが異なる同名のネット (例 : n48 と N48) が含まれることがあります。

EDIF ネットリストのフォーマットでは大文字/小文字が区別されるので、この EDIF ファイルに問題はないはずですが、Foundation シミュレータを含む EDIF シミュレータの多くで、大文字/小文字は区別されません。 このため、Foundation シミュレータの console および aldec.log ファイルで警告メッセージが表示されます。 この場合、2 つ目のネットが無視され、シミュレーションで未定義のままになってしまいます。

ソリューション

この問題に関する警告メッセージを見つけるのは困難です。 これは、警告メッセージの多くが無視しても問題のないため、警告メッセージしか表示されない場合、シミュレーション ネットリストのログ ファイルまで確認するユーザーが少ないからです。 この問題を回避するには、ネット名が重複しないように手動でネットリストを変更する必要があります。

例 :

次のようなネット名を、

(net (rename n_48 "N48")

次のように変更します。

(net (rename n_48 "dup_N48")
AR# 13879
日付 08/12/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加