AR# 14009

|

4.1i iMPACT - XC9500/XL/XV デバイスをプログラムすると「Failed 1...Failed 2」というエラー メッセージが表示されプログラムが停止する

説明

Keywords: iMPACT, 9500, failed, JEDEC, プログラム, 停止

重要度 : 標準

概要 : iMPACT で XC9500/XL/XV デバイスをプログラムしようとすると、次のメッセージが表示されます。

"PROGRESS_START - Starting Operation.
Validating chain...
Boundary-scan chain validated successfully.
'1': Putting device in ISP mode...done
'1': Erasing device...done.
'1': Erasure completed successfully.
'1': Programming device...Failed 1
Failed 2
Programming terminated due to error.
PROGRESS_END - End Operation.
Elapsed time = 0 sec."

このメッセージは数回繰り返され、「Programming Failed」というメッセージが表示された後にツールが停止します。

ソリューション

Failed 1
このメッセージは、9500/XL/XV デバイスをプログラムする際に頻繁に表示されます。 これは、実際上の問題を示しているわけではありません。

この「Failed 1」メッセージは、エリアのプログラムで 1 回以上エラーがあったことを示します。 通常これは問題ありません。9500 デバイスの特定のエリアをプログラムするには、ほとんどの場合、複数回プログラムする必要があるからです。 「Programming terminated due to error」というエラー メッセージが表示されなければ、デバイスは正常にプログラムされています。

Failed 2
「Failed 1」メッセージと異なり、このメッセージは通常、実際のプログラム上のエラーを示します。 このエラー メッセージは、デバイスがサポートされていないか、プログラム上で別に問題があることを示します。
詳細については、(ザイリンクス アンサー 14369) を参照してください。

iMPACT でサポートされていない 9500 デバイスは検出され、「9500_unsupported,」と表示されるはずですが、サポートされていないデバイスに対しメッセージが表示されない場合があります。この問題については、今後のソフトウェアリリースで修正される予定です。 このような場合、iMPACT では「Failed 2」のメッセージが表示されます。

iMPACT でサポートされていない 9500 デバイスの詳細については、(ザイリンクス アンサー #12737) を参照してください。
AR# 14009
日付 09/30/2005
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed