AR# 14032

|

XST - 「ERROR:HDLParsers:3312 - <file>.vhd Line xx. Undefined symbol 'std_logic_vector'. / ERROR:HDLParsers:3313 - <file>.vhd Line xx. Undefined symbol 'xxx'. Could it be 'yyy'?」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : XST, VHDL, library, parser, 3312, 3313, available, unit, ライブラリ, 解析, ユニット

重要度 : 標準

概要 :
XST で VHDL デザインを合成すると、VHDL 解析ツールで次のいずれかのエラー メッセージが表示されます。

"ERRORS:HDLParsers:3312 - <file>.vhd Line xx. Undefined symbol 'std_logic_vector'."
"ERROR:HDLParsers:3313 - <file>.vhd Line xx. Undefined symbol 'xxx'. Could it be 'yyy'?"

ほかの VHDL エラーが続いて表示されることがあります。

ソリューション

1

このエラーは、アクセスされたシンボルまたはタイプが VHDL ソース ファイルで宣言されておらず、IEEE ライブラリの 1164 パッケージが次のようにリストされていない場合に発生します。

USE ieee.std_logic_1164.ALL;

また、ユーザー シンボル、タイプ、コンポーネントのインスタンシエーションが宣言されていない場合にも発生します。 インスタンスの名前が宣言されたものに似ている場合、XST はエラー 3313 を表示して、そのようなインスタンス名があることを示します。

2

ザイリンクス プリミティブに不明なコンポーネントがある場合は、UniSim プリミティブ ライブラリを参照して、そのコンポーネントを宣言しないようにしてください。 VHDL ファイルの最初に、次のライブラリ宣言と usage 文を記述してください。

library unisim;
use unisim.vcomponents.all;

3

「HDLParsers:3313」というエラーは、エイリアスがパッケージ内で宣言されていて、そのエイリアスをエンティティ/アーキテクチャ内で使用すると発生します。

この問題は、最新版の 5.2i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、5.2i サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 14032
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed