UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14078

4.2i XST - XST でサポートされている PCI コア フロー

説明

キーワード : XST, PCI, flow, フロー

重要度 : 重要

概要 :
XST のバージョン 4.2i 以降でサポートされる PCI フローについて

ソリューション

XST コマンド ライン オプションは、VHDL で使用する場合、大文字を使用した名前を保持します。 VHDL の PCI フローを XST で使用するには、このオプションを使用する必要があります。 このオプションは、VHDL のみに有効で、かつ大文字を使用した名前のみに有効です。

使用法 :

-case upper

PCI ラウンジから、最新版の PCI コアをダウンロードする必要もあります。 PCI ラウンジについての詳細は、次のサイトを参照してください。 http://support.xilinx.co.jp/pci/

メモ : この問題は、最新版の 4.2i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、4.2i サービス パック 2 以降に含まれます。

Project Navigator で VHDL ケース オプションを次の方法で使用可能にすることができますが、PCI コアのオフィシャル サポートは、現在コマンド ラインからしか利用できません。

1. Windows では変数 XIL_PROJNAV_XST_OPTION を 1 に、UNIX では XIL_PROJNAV_XST_OPTION=TRUE と設定します。
2. Project Navigator を開きます。
3. [編集] → [プリファレンス] をクリックします。
4. [プロセス] タブをクリックします。
5. [プロパティの表示レベル] を [アドバンス] に変更します。
AR# 14078
日付 08/06/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加