UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14084

Virtex-II Pro 開発者キット - 「make[2]: /bin/powerpc-eabi-gcc: Command not found, make: *** [sw] Error 2」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : Virtex-II, Pro, developer, make, powerpc-eabi-gcc, 2, found, 開発者キット

重要度 : 標準

概要 :
Virtex-II Pro 開発者キットでデザイン サンプルを実行すると、make に関連した次のようなエラー メッセージが表示されます。

"mkdir -p sys/mem
make -C C:/XILINX/V2PDK/source/sw/apps/hello_uart hello_debug_v2pdk
make[1]: Entering directory `/cygdrive/c/XILINX/V2PDK/source/sw/apps/hello_uart'

/bin/make v2pdk/debug/hello.elf \
BUILDDIR=v2pdk/debug \
BSP=C:/XILINX/V2PDK/source/sw/libs/bsp/v2pdk/debug/bsp.a \
CFLAGS="-Wall -gdwarf -msdata=eabi -mcpu=403 -IC:/XILINX/V2PDK/source/sw/libs/bs
p/include -DV2PDK -DDEBUG" \
LDSFILE=C:/XILINX/V2PDK/source/sw/mapfiles/mapfile6
make[2]: Entering directory `/cygdrive/c/XILINX/V2PDK/source/sw/apps/hello_uart'

Linking application v2pdk/debug/hello.elf
/bin/powerpc-eabi-gcc -Wall -gdwarf -msdata=eabi -mcpu=403 -IC:/XILINX/V2PDK/sou
rce/sw/libs/bsp/include -DV2PDK -DDEBUG -Wl,-T,C:/XILINX/V2PDK/source/sw/mapfile
s/mapfile6 -u _boot -o v2pdk/debug/hello.elf v2pdk/debug/hello.o C:/XILINX/V2PDK
/source/sw/libs/bsp/v2pdk/debug/bsp.a
make[2]: /bin/powerpc-eabi-gcc: Command not found
make[2]: *** [v2pdk/debug/hello.elf] Error 127
make[2]: Leaving directory `/cygdrive/c/XILINX/V2PDK/source/sw/apps/hello_uart'
make[1]: *** [hello_debug_v2pdk] Error 2
make[1]: Leaving directory `/cygdrive/c/XILINX/V2PDK/source/sw/apps/hello_uart'
make: *** [sw] Error 2"

ソリューション

このエラー メッセージは、XILINX_GNUTOOLS 変数が正しい値に設定されていないと表示されます。

この変数を GNU ツールがインストールされているディレクトリに設定してください。

例 :

C:\Xilinx\GNU_STD (Windows)
/V2PDK/tools/solaris/gnu (Solaris)

この変数を設定するには、次の手順に従ってください。

Windows 2000/NT の場合 :
- デスクトップの [マイ コンピュータ] アイコンを右クリックします。
- [プロパティ] をクリックします。
- [詳細] タブをクリックします。
- [環境変数] ボタンをクリックします。
- XILINX_GNUTOOLS 変数を、ツールがインストールされたディレクトリに設定します。

Solaris の場合 :
- ユーザー コンフィギュレーション ファイル (C シェルを使用している場合は .cshrc) に「setevn XILINX_GNUTOOLS <path>」を追加します。 (この設定を有効にするには、いったんログアウトしてもう一度ログインする必要があります。) または、使用するターミナル ウィンドウで同じように入力します。
AR# 14084
日付 09/30/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加