AR# 14137

|

4.2i iMPACT - 9500XL の SVF ファイルで、不正なマスク値が生成され、TDO が一致しなくなる

説明

キーワード : 9500, SVF, mask, TDO, マスク

重要度 : 標準

概要 :
4.1i のサービス パック 3 と 4.2i の iMPACT で、XC9500XL の SVF ファイルに不正なマスク値が生成されます。 このため、この SVF ファイルを使用すると、TDO が一致しなくなります。

例 :

XC9536XL をプログラムする 4.2i の SVF ファイルの最終行 (間違い)

SDR 34 TDI (0035d00003) ;
RUNTEST 10000 TCK;
SDR 34 TDI (0035d00003) TDO (0000000001) MASK (0000000003) ;

XC9536XL をプログラムする 3.3WP8.1 の SVF ファイルの最終行 (正しい)

SDR 34 TDI (0035d00003) SMASK (03ffffffff) TDO (0000000002) MASK (0000000000) ;
RUNTEST 50000 TCK;
SDR 34 TDI (0000000001) SMASK (03ffffffff) TDO (0000000001) MASK (0000000003) ;

ソリューション

この問題は、最新版の 4.2i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、4.2i サービス パック 2 以降に含まれます。
AR# 14137
日付 09/26/2005
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed