UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14196

Virtex-II、DCI/XCITE - VRN または VRP ピンが接続されていない場合

説明

キーワード : reference, resistor, リファレンス, 参照, 抵抗

VRN または VRP ピンが接続されていないとどうなりますか。

ソリューション

VRN/VRP ピンが接続されていないと、DCI でインピーダンスが無限大になります。

- LVDCI および LVDCI_DV2 規格では、出力がトライステートになります。

- HSTL_DCI、SSTL_DCI、および GTL_DCI 規格では、オン チップ終端が完全に になります。(例外は、HSTL_IV_DCI、GTL_DCI、および GTLP_DCI で、終端の一部がビットストリームの一部として ON になり、結果的に、VRN および VRP ピンが接続されていなくても、この部分が ON のままになります。)

これによりデバイスが破損することはありません。VRN/VRP ピンを接続せずに放置しておいても、デバイスは損傷しません。DCI 制御ロジックがアクティブな状態なので、DCI が ON になっている場合より、電力消費が高くなります。

VRN/VRP ピンの接続をコンフィギュレーション後に切ると、オンチップ終端のインピーダンスが上昇しますが、DCI は完全には OFF になりません。

メモ : DCI 出力には、参照抵抗が不要なものがいくつかあります。VRN/VRP ピンが未接続であっても影響はありません。

詳細は、(Xilinx Answer 14128) を参照してください。
AR# 14196
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加