UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14259

4.2i XST - 「FATAL_ERROR: Xst:Portability/export/Port_Main.h :116:1.9.4.1...」 というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : XST, Portability, FATAL_ERROR, VHDL, Verilog, export, Port_Main, ECS, schematics, エキスポート, 回路図

重要度 : 標準

概要 :
XST でデザインを合成すると、次のエラー メッセージが表示されます。

"FATAL_ERROR:Xst:Portability/export/Port_Main.h:116:1.9.4.1 - This application has discovered an exceptional condition from which it cannot recover. Process will terminate. To resolve this error, please consult the Answers Database and other online resources at http://support.xilinx.co.jp
EXEWRAP detected a return code of '1' from program 'C:/xilinx/bin/nt/xst.exe'

Done: failed with exit code: 0001"

このエラー メッセージは Verilog または VHDL のどちらかを使用していると表示されます。

ソリューション

1

このエラーは、サポートされていないテンプレートを使用すると発生します。 使用している VHDL/Verilog 構文が XST でサポートされているかを 『XST User Guide』 で確認してください。

また、このエラーの前に警告メッセージが表示されていないかどうかを XST のログ ファイルで確認してください。 問題がある場合は修正し、合成し直してください。

2

このエラーの原因は、複数考えられます。 致命的エラーは、XST が予測できない状況になると表示されます。 致命的エラーが表示された場合は、次のいずれかの方法を試してください。

1. 最新のサービス パックを使用していることを確認してください。 ザイリンクスの方で至急このようなエラーをサービス パックで修正します。サービス パックは、 http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates から入手してください。

2. 致命的エラーの原因を見つけます。 通常、デザインは部分的に合成できます。この方法で、致命的エラーの原因となっているコードを含むモジュールやエンティティを見つけることができます。 最近作業したエリアから、過去にさかのぼって確認してください。

3. デザインをザイリンクスに送ってください。 ザイリンクスの方で、テスト デザインまたは実際に送っていただいたデザインを検討し、問題を解決します。 デザインを送るには、http://support.xilinx.co.jp/support/clearexpress/websupport.htm からウェブ ケースを作成してください。

3

オプションの設定が、このエラーの原因となっていることもあります。 たとえば、過去にはスライス パックと FSM 抽出オプションが原因でエラーが発生することがありました。 Project Navigator のプロセス ウィンドウで [Synthesis] を右クリックし、[プロパティ] をクリックすると表示されるダイアログ ボックスで、これらのオプションをオフにしてください。

4

不正な非同期記述が、このエラーの原因となっていることもあります。 たとえば、次のコードには上述のエラーが発生します。

if(CE='1') then
if(CLK'event and CLK='1') then
if (CLR'event and CLR='1') then -- この構文が、不正となります。
-- (CLR='1') に修正すると有効となります。
qoutsig <="0000";
elsif(qoutsig="1001") then
qoutsig<="0000";
else
qoutsig<=qoutsig + "0001";
end if;
end if;
end if;

1 つのプロセスに複数の 「event」 文が使用されている場合は、「event」 が不正となります。 この行を 「event」 文を含まない簡単な比較で置き換えると、コンパイルできます。
AR# 14259
日付 08/06/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加