UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14264

XST のデザイン アシスタント - 「Xst:528 - Multi-source in Unit <entity> on Signal <sig>」というエラー メッセージの解決方法

説明

「Xst:528 - Multi-source in Unit <entity> on signal <sig>」というエラー メッセージの解決方法についてはこのアンサーを参照してください。

注記 : このアンサーは XST ザイリンクス ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 38927) の一部です。 XST のザイリンクス ソリューション センターには、XST に関するすべての質問が集められています。XST を使用したデザインを新しく作成する場合や、問題をトラブルシュートする場合には、この XST のソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション

1. 特定の信号に競合があると XST が判断したときにこのエラー メッセージが表示されます。この信号に値を割り当てているプロセスが相互排他的である場合 (トライステート バッファーの場合など)、このメッセージを無視しても問題はありません。

しかし、ほとんの場合、複数のドライバーが無効であると XST で判断されると、このメッセージのすぐ後に合成が停止します。

この信号を確認して既存の競合を避けるためにコードを変更してください。

2. 場合によっては、接続されていない出力ポートが XST によりグランドに接続されます。出力ポートがトライステート バスの一部である場合 (つまり、別のトライステート バスに接続)、バスの 1 ビットをグランドに接続すると、マルチドライバーのエラーが発生します。デザインでこのことが発生していないことを確認するには、次の警告メッセージが出ていないか確認します。

"WARNING:Xst:1305 - Output <dataout<23>> is never assigned. Tied to value 0."

この問題を回避するには、未使用の出力ポートを削除します。

3. 次の状況でもこの問題が見られます。

to_qvm_d4.Q_num という名前の関連信号がある場合。

関連信号 (to_qvm_d4.Q_num) を使用している場合、XST により合成中に名前が「to_qvm_d4_Q_num」に変更されます。同じアーキテクチャに「to_qvm_d4_Q_num」という名前の信号があります。XST でこれら 2 つの信号が混同されエラーが出力されます。

問題を回避するには、2 つの信号のどちらかの名前を変更します。

4. EDK デザイン

双方向信号 DIR=IO および THREE_STATE=FALSE を使用している EDK デザインの場合、外部ポートの名前は対応する信号名と正確に一致する必要があります。注記 : IOB_STATE は今後のバージョンでサポートされなくなります。

たとえば、次の MHS 外部ポートは、

PORT DDR2_DQ_pin = DDR2_DQ, DIR = IO, VEC = [31:0]

次のように変更する必要があります。

PORT DDR2_DQ = DDR2_DQ, DIR = IO, VEC = [31:0]

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
38927 XST に関するザイリンクス ソリューション センター N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40379 XST のデザイン アシスタント - XST でのエラー/警告メッセージについて N/A N/A
AR# 14264
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加