AR# 14283

|

XST - 「WARNING:Xst:878 - "<file>.v", line xx: Unrecognized directive. Ignoring.」という警告メッセージが表示される

説明

XST で Verilog デザインを合成すると、次の警告メッセージが表示されます。

"WARNING:Xst:878 - "<file>.v", line xx: Unrecognized directive. Ignoring."

これはなぜですか。

ソリューション

この警告メッセージは、XST で処理できないコンパイラ指示子が見つかると表示されます。通常、これらの指示子は次のように synopsys キーワードで始まります。

// synopsys attribute fpga_dont_touch "true"

ほとんどの場合、Synopsys Verilog コンパイラ用のこれらの指示子は、XST で不要です。これらの指示子を削除するか、またはキーワード synopsys を synthesis に変更すると、警告メッセージの表示を回避できます。

サードパーティの属性およびその XST の同等の属性については、『XST ユーザー ガイド』を参照してください。

http://japan.xilinx.com/support/software_manuals.htm

AR# 14283
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed