UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14339

5.1i、Virtex-II、MULT18X18 - 拡張乗算器のスピードを設定する方法 (CONFIG STEPPING 制約)

説明

キーワード : trce, MAP, トレース, マップ

重要度 : 標準

概要 :
ステップ レベルについての詳細およびすべてのデバイスに CONFIG STEPPING 制約を適用する方法については、(Xilinx Answer 20947) を参照してください。

Virtex-II デバイスの場合、この制約を使用して、拡張乗算器のスピードを設定できます。 CONFIG STEPPING 制約を指定して拡張乗算器のスピードにを設定する場合は、拡張乗算器のパフォーマンスに基づいて Timing Analyzer および Trace を実行します。

この制約の有効値を次の表に示します。
(WEBIMAGE 1:CONFIG STEPPING Values:INLINE)
* ステップ レベル 0 または ES が適用されないデバイスには、N/A と記述しています。 正しい乗算器のタイミング値を反映させるには、これらのデバイスのステップ レベルを、必ず 1 に設定してください。
** 2v40 デバイスの場合、4.2i サービス パック 3 以降のバージョンで 0 および 1 を使用できます (4.2i SP2 では使用できません)。 5.1i ソフトウェアから、2v40 デバイスのデフォルト ステップ レベルが 1 になりました。以前のバージョンのデフォルトは、ES でした。

指定した値が正しくないと、MAP により STEPPING がデバイスのデフォルト値に設定され、次の警告メッセージが表示されます。

"WARNING:Ncd:545 - The stepping value does not match a supported stepping for this device."

制約のフォーマットは、ソリューションのセクションに示します。

メモ :
- 次のデバイスは、拡張乗算器をサポートします。
* XC2V80、XC2V250、XC2V500、XC2V1500、XC2V2000、およびXC2V8000 の ES または C デバイス
* XC2V40、XC2V3000 の C デバイスすべて
* 「AMT」という 3 文字コードが付いている XC3000ES デバイス
* パッケージ マークの 2 行目に「AMT」「AGT」 または 「BGT」という 3 文字コード付いている XC2V1000、XC2V4000、および XC2V6000 の C デバイス (すべての C デバイスで拡張乗算器がサポートされているわけではない)

次の表では、デバイス サポートおよびマーキングについて説明しています。
(WEBIMAGE 2:Device Support and Special Markings:INLINE)

- 拡張乗算器の機能を使用する場合は、拡張乗算器をサポートしている (マークがある) FPGA にデザインをダウンロードする必要があります。
- 拡張乗算器をサポートしているデバイスを注文する場合は、特別なデバイス コードを使用します。 サポートされているデバイスおよび注文情報については、FAE またはザイリンクス販売代理店までお問い合わせください。
- 拡張乗算器を含むデバイスは、『Virtex-II Platform FPGA ユーザー ガイド』 の 「ビットストリーム暗号化の使用」セクションで説明しているとおり、トリプル DES もサポートしています。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xweb/xil_publications_display.jsp?category=/User+Guides/FPGA+Device+Families/Virtex-II/&iLanguageID=2

XC2V1000 および大規模デバイスの場合、トリプル DES のサポートに関しては特別な注文コードが必要になる場合があります。
デバイスを注文する際、トリプル DES 機能を使用する旨を、必ず販売代理店にお伝えください。

ソリューション

1

XST : この制約の適用方法については (Xilinx Answer 14359) を参照してください。

Synplify : この制約の適用方法については (Xilinx Answer 14358) を参照してください。

2

制約の UCF/NCF 構文は次のとおりです。

CONFIG STEPPING="1";

3

タイミング レポートで正しいタイミング データが使用されていることを確認するには、(Xilinx Answer 13314) を参照してください。

ステップ レベルを 1 に設定している場合、PAR レポートに「The STEPPING level for this design is 1.」と記述されます。

4

JTAG IDCODE による拡張乗算器サポートの識別

JTAG IDCODE の最初の 4 ビットは、デバイスのバージョン用です。 これらのバージョン用ビットを使用して、デバイスが拡張乗算器をサポートするかを判断できます。

JTAG IDCODE の詳細については、(Xilinx Answer 8265) を参照してください。

XC2V80、XC2V250、XC2V500、XC2V1500、XC2V2000、および XC2V8000
拡張乗算器は、すべてのデバイス (すべての IDCODES) でサポートされています。

XC2V3000
IDCODE のバージョン ビットが 0010 以上のデバイスでは、拡張乗算器がサポートされています。

IDCODE のバージョン ビットが 0010 未満の XC2V3000 デバイスでは、拡張乗算器はサポートされません。

XC2V4000
IDCODE のバージョン ビットが 0001 以上のデバイスでは、拡張乗算器がサポートされています。

IDCODE のバージョン ビットが 0001 未満の XC2V4000 デバイスでは、拡張乗算器はサポートされません。

XC2V6000
IDCODE のバージョン ビットが 0100 以上のデバイスでは、拡張乗算器がサポートされています。

IDCODE のバージョン ビットが 0100 未満の XC2V6000 デバイスでは、拡張乗算器はサポートされません。

XC2V1000
IDCODE のバージョン ビットが 0011 以上のデバイスでは、拡張乗算器がサポートされています。

IDCODE のバージョン ビットが 0011 未満の XC2V1000 デバイスでは、拡張乗算器はサポートされません。

XC2V40
IDCODE のバージョン ビットが 0010 以上のデバイスでは、拡張乗算器がサポートされています。

IDCODE のバージョン ビットが 0010 未満の XC2V40 デバイスでは、拡張乗算器はサポートされません。

5

ステップ レベルは、ビットストリームのサイズにも影響します。 詳細については、(Xilinx Answer 12326) を参照してください。
AR# 14339
日付 10/24/2005
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加