UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14433

XST - 「WARNING:Xst:736 - Found n-bit latch for signal <$n00xx> created at line xx」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード: XST, latch, register, flip-flop, flip, flop, 736, ラッチ, レジスタ, フリップ フロップ

重要度 : 標準

概要 :
HDL 合成でラッチ推論が検知されると、XST で次のような HDL Advisor に関する警告メッセージが表示されます。

"WARNING:Xst:736 - Found n-bit latch for signal <$n00xx> created at line xx."

n は、ラッチの幅です。 ラッチを推論している場合は、無視しても問題ありません。

ソリューション

効率の悪いコーディング手法を使用すると、不要なラッチが推論されることがあります。 ラッチ推論を回避する方法については、(Xilinx Answer 13979) を参照してください。

特定のメッセージ (736 と 737) は、複数のマクロ推論を含む HDL コードの行にあるラッチが XST により推論されるため、表示されます。 たとえば、問題のラッチと乗算器またはカウンタを組み合わせていると、ラッチの出力が明示的に維持されず、警告メッセージとして表示されます。
AR# 14433
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加