AR# 14444

XC18V00/XC1700/XCFxx - パワーサイクル テスト後に PROM が停止し、リセット時/最初の電源投入時にコンフィギュレーションできない。 パワーサイクル要件。

説明

キーワード : 1800, 1700, PROM, power, supply, voltage, reset, configure, freeze, froze, fail, xcf, platform, flash, 電源, 供給, 電圧, リセット, コンフィギュレーション, 静止, 停止, プラットフォーム, フラッシュ

重要度 : 標準

概要 :
XC1700/XC18V00/XCFxx PROM の電源サイクルの必要条件について教えてください。

ソリューション

1

このソリューションに関連する情報については、次のデータシートを参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xweb/xil_publications_index.jsp

「Platform Flash In-System Programmable Configuration PROMs」
「XC18V00 Series In-System Programmable Configuration PROMs」
「XC17V00 Series Configuration PROMs」
「XC1700E and XC1700L Series Configuration PROMs」
「Spartan-II/IIE Family of One-Time Programmable Configuration PROMs (XC17S00A)」
「Spartan Family of One-Time Programmable Configuration PROMs (XC17S00)」

電源投入時には、指定された VCC 立ち上がり時間 (XC1700 の場合は 1-50ms、XC18V00 と XCFxxS/P PROM の場合は 0.2-50ms) 内に VCC が 0V から標準電圧に単調に上昇していく必要があります。 電源がこの要件を満たさない場合、デバイスで POR が正しく実行されない可能性があります。

パワー オン リセットを実行すると、 PROM Vccint は 0V に達しなくてはなりません。 Vccint の値が 0V に達する前にボードにバックアップの電源が投入された場合、 PROM が正しく機能しないことがあります。

1700E/L、17S00/XL/A、17V00 の PROM の POR しきい値は低めであるため、電力サイクル問題に影響されやすくなっています。 XC18V00 および XCFxx などの PROM のしきい値は高く、POR 回路も改善されているため、電源サイクル問題に影響されにくくなっています。 したがって、XC1700 PROM の場合、パワー オン リセット要件を満たすことは重要です。 ただし、ザイリンクスでは電源サイクル中、システム デザインの VCC を 0V に戻すことを推奨しています。

2

電圧の変動によって XC18V00 PROM の内容に悪影響を及ぼすことはありますか。

XC18V00 には、推奨の動作範囲 (3.0-3.6 V) での任意の外部電圧の変動中に書き込みを防止する明示的な書き込み禁止のメカニズムはありません。 しかし、 パワー オン リセット サイクルでは、 電源投入時に PROM への書き込みが禁止されます。

正確で非常に長いシリアル シーケンスになるため、電源のオン/オフ時に偶発的に起きる JTAG ピンのノイズによる書込みは発生しません。 また、 JTAG ピンの内部プルアップが、不安定な信号の動作を防ぎます。

推奨する動作電圧外で、PROM のデータを D[0-7] ピンに出力する場合は、外部の電力モニタ デバイスを使用して、電圧が 3.0V を下回るときに、OE/RESET または CE を Low に設定します。 PROM を使用して Virtex デバイスをコンフィギュレーションする場合、 電源をオンにしてから推奨の動作範囲に達するまでの間、電力モニタを使用して PROGRAM または INIT ピンのいずれかを Low に保ちます。 PROGRAM と INIT のいずれを使用するかは、電源降下中にどういう結果にするかによって異なります。 電源が電力モニタのしきい値以下に下がり、電力モニタが PROGRAM ピンを制御していると、FPGA はリセットされます。
AR# 14444
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般