UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14451

4.2i FPGA Editor - FPGA Editor で [probes] ボタンをクリックすると、プローブがロックされているピンが選択できない

説明

キーワード : probes, pin, net, locked, プローブ, ピン, ネット, ロック

重要度 : 標準

概要 :
FPGA Editor で [probes] ボタンをクリックすると、プローブがロックされているピンが選択できません。 前回のバージョンではこのピンを選択できました。このピンを現在のバージョンのソフトウェアで選択する方法はありますか。

ソリューション

1

プローブがロックされているピンを選択するには、[Tools] → [Probe] をクリックし、ネットとピン位置を選択します。

詳細については (ザイリンクス アンサー #14170) も参照してください。

2

FPGA Editor の [probes] ボタンを編集し、ピン番号が表示するダイアログ ボックスが表示されるようにします。 編集するには、%xilinx%\data ディレクトリの fpga_eitor.ini ファイルに次のステートメントを追加します。

unbutton probes
button probes "post probes"
button autoprobe "probe selected"

この変更を加えると、[probes] ボタンの機能が変更され、[Probes] ダイアログ ボックスが開くようになります。 また、この変更により、[autoprobe] ボタンが新規に追加され、プローブを現在選択しているネットに自動的に配線し、自動選択されたピンまで接続できます。

この機能は、ソフトウェア リリース 5.1i で含まれる予定です。
AR# 14451
日付 04/11/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加