UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14454

4.2i PAR - 「WARNING:Par:69 - Option '-xe' overrides some effects of '-ol'」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : 4.2, WARNING, PAR, 69, Option, xe, overrides, ol, 配置配線, オプション, 上書き

重要度 : 標準

概要 :
PAR インプリメンテーションを実行すると、次の警告メッセージが表示されます。

"WARNING:Par:69 - Option '-xe' overrides some effects of '-ol'"

ソリューション

この警告メッセージは PAR を実行するとよく表示されます。 このメッセージは、余分なエフォート オプション -xe の値が 0 以外に設定されている場合に表示されます。 余分なエフォートのデフォルト値は 1 で、この値が使用されないとメッセージが表示されます。 このメッセージは、通常のエフォート レベル オプション -ol が余分なエフォート レベル オプションを使用することで影響を受けることをユーザーに通知するために表示されます。 このメッセージは -ol が 3-5 という高い値に設定されている場合に表示されます。

余分なエフォート レベルを変更するには、次の手順に従います。

- Project Navigator で [編集] → [プリファレンス] をクリックします。
- [プロセス] タブでプロパティの表示レベルを [アドバンス] にします。
- [Implement Design] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

- [Place & Route Properties] タブを選択し、エフォート レベルを変更します。
AR# 14454
日付 10/23/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加