AR# 14454

|

4.2i PAR - 「WARNING:Par:69 - Option '-xe' overrides some effects of '-ol'」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : 4.2, WARNING, PAR, 69, Option, xe, overrides, ol, 配置配線, オプション, 上書き

重要度 : 標準

概要 :
PAR インプリメンテーションを実行すると、次の警告メッセージが表示されます。

"WARNING:Par:69 - Option '-xe' overrides some effects of '-ol'"

ソリューション

この警告メッセージは PAR を実行するとよく表示されます。 このメッセージは、余分なエフォート オプション -xe の値が 0 以外に設定されている場合に表示されます。 余分なエフォートのデフォルト値は 1 で、この値が使用されないとメッセージが表示されます。 このメッセージは、通常のエフォート レベル オプション -ol が余分なエフォート レベル オプションを使用することで影響を受けることをユーザーに通知するために表示されます。 このメッセージは -ol が 3-5 という高い値に設定されている場合に表示されます。

余分なエフォート レベルを変更するには、次の手順に従います。

- Project Navigator で [編集] → [プリファレンス] をクリックします。
- [プロセス] タブでプロパティの表示レベルを [アドバンス] にします。
- [Implement Design] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

- [Place & Route Properties] タブを選択し、エフォート レベルを変更します。
AR# 14454
日付 10/23/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed