AR# 14714

|

SYNPLIFY 7.1 -Synplify で ブロック RAM を使用した ROM を推論する方法について

説明

キーワード : Synplify, 7.1, ROM, block, RAM, BlockRAM, Virtex, case, constant, ブロック

重要度 : 標準

概要 :
Synplify で ブロック RAM を使用した ROM を推論する方法について

ソリューション

Synplify では、次の条件で LUT ではなくブロック SelectRAM を使用した ROM を Virtex、Virtex-E、Virtex-II および Virtex-Pro 用に推測できます。

- Virtex/Virtex-E の場合、アドレス ラインを 8 〜 12 ビットにする必要があります。
- Virtex-II/Pro の場合、アドレス ラインを 9 〜 14 ビットにする必要があります。

アドレス ラインは、単純なフリップフロップ (リセット、イネーブルなし) と接続する必要があります。または、ROM の出力にイネーブルまたはセット/リセット を付けることができます。ただし、セット/リセットとイネーブルの両方を使用することはできません。 フリップフロップのセット/リセットは同期、非同期のいずれでもかまいません。

非同期セット/リセットを使用する場合、Synplify でセット/リセット付きのレジスタが作成されます。これらのレジスタとブロック RAM 出力を使って AND または OR ゲートが作成されます。

ROM の推測に関する詳細については、(ザイリンクス アンサー #8183) を参照してください。
AR# 14714
日付 04/23/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed