AR# 14782

|

インストール - ISE のインストール後に Windows 2000/XP システムで 「STOP...K_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED」というエラー メッセージが表示され、再起動できない

説明

キーワード : 4.2i, 5.1i, USB, ドライバ, 青, 画面, Win2K, 再起動, MultiLINX, 競合, Windows 2000

ISE 5.1i ツールのインストール後に再起動しようとすると、Windows 2000/XP オペレーティング システムが停止し、再起動できません。 Windows のスプラッシュ スクリーンは表示されますが、青い進行状況バーがフリーズします (セーフ モードで立ち上げてもうまくいきません)。

次のようなエラー メッセージが表示されます。

"*** STOP: 0x0000001E (0xC0000005, 0xEB0C1795, 0x00000000, 0x00000008)
K_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED"

メモ : この「STOP」エラーが初めて表示された場合は、コンピュータを再起動してください。 この画面が繰り返し表示される場合は、次の手順に従ってください。 (再起動を繰り返しても問題は解決しません。)

競合のため、他の USB ドライバが機能しなくなることがあります。

この記述が問題と一致しない場合は、ISE 5 インストール FAQ (Xilinx Answer 15826) を参照してください。

ソリューション

1

この問題を解決するには、アップデート済みのドライバを使用してください。 このドライバは Windows 2000 SP2 またはそれ以降、あるいは Windows XP と互換性があります。

ドライバをアップグレードするには、次の zip ファイルをダウンロードしてください。
http://www.xilinx.com/txpatches/pub/applications/misc/mltlnx_ans_14782.zip

このアップデートには、9 個のファイルが含まれています。 ファイルを c:\temp\mltlnx などのディレクトリに解凍し、ディレクトリ内の mxinst.exe を実行してインストールを完了します。

MultiLINX ドライバがアップデート、あるいは削除された後も、USB デバイスがうまく作動しないことがあります。 その場合は、デバイス マネージャで、USB ルート ハブを含む USB デバイスをすべて削除します。 USB デバイスを削除したら、システムを再起動してください。 Windows がデバイスを自動的に検出し、[新しいハードウェア] ダイアログ ボックスが開きます。 USB デバイスのドライバは通常自動検出されますが、デバイスに付属のドライバを手動でインストールし直さなければならないこともあります。 Windows で自動的にデバイスが検出されない場合、[コントロール パネル] -> [ハードウェアの追加と削除] をクリックして USB デバイスを選択してください。

このドライバは 2003 年にリリースされた 5.2i CD にも含まれています。

古いドライバを削除してシステムの状態を回復し、ドライバをアップデートするには、次の手順に従ってください。

この問題は、USB 2.0 チップ セットが含まれ、USB ポートが有効になっており、Windows 2000 または Windows XP が実行されているシステムに発生します。 MultiLINX ケーブルとザイリンクス USB との競合が存在します。

5.2i ソフトウェア リリースには、修正されたドライバが含まれています。

MultiLINX ケーブルを使用しない場合は、5.1i ソフトウェアのインストール中に MultiLINX ドライバ のインストールオプションを選択解除すると、この問題を回避できます。

この問題を回避するには、次の手順に従ってください。
1. コンピュータをリセットします。
2. コンピュータが起動し始めたら、F8 キーを押し、[前回正常起動時の構成] を選択します。
3. Windows 2000 の起動を通常通り続けます。

うまく起動しない場合は、次の手順に従ってください。
1. コンピュータをリセットします。
2. コンピュータが起動し始めたら、システム BIOS で USB ポートを無効にします。
3. Windows 2000/XP の起動を通常通り続けます。
4. Windows エクスプローラを使用し、<Windows directory>\system32\drivers ディレクトリの、mltlnx.sys と mlnxfltr.sys を削除します。
5. コンピュータを再起動し、BIOS で USB ポートを有効にし、通常通り起動します。

Windows 2000/XP が正常に起動したら、[スタート] -> [コントロール パネル] -> [プログラムの追加と削除] から、ISE をいったんアンインストールし、[カスタム インストール] オプションで再インストールします。 インストーラの指示が表示されたら、ケーブル ドライバの選択を解除します。

2

MultiLINX ドライバを削除できない、あるいは Windows 2000/XP が ISE をアンインストールできる状況まで起動しない場合は、次の手順に従ってください。
1. システムに付属の CD を使用して、Windows 2000/XE をインストールし直します。
2. [カスタム インストール] オプションを選択して ISE をインストールし、インストーラの指示が表示されたら、ケーブル ドライバの選択を解除します。

次の方法でもこの問題を回避できます。
1. Windows 2000/XP のオリジナル CD を CD ドライブに挿入します。
2. コンピュータが起動し始めたら、最初に CD から起動するように BIOS のデフォルト ドライブ設定を変更します。
3. 起動が開始したら、F8 キーを押し、Windows 2000/XP がコマンド ライン モードで起動するように選択します。
4. <Windows directory>\system32\drivers ディレクトリの mltlnx.sys と mlnxfltr.sys を削除します。
5. CD を取り出し、コンピュータをリセットし、BIOS の起動ドライブ設定を元のドライブに戻します。 Windows 2000/XP を通常通り開始します。

Windows 2000/XP が正常に起動したら、[スタート] -> [コントロール パネル] -> [プログラムの追加と削除]
から、ISE をいったんアンインストールし、[カスタム インストール] オプションで再インストールします。 インストーラの指示が表示されたら、ケーブル ドライバの選択を解除します。

メモ : <Windows directory> の位置は、[スタート] -> [プログラム] -> [アクセサリ] -> [システム ツール] -> [システム情報] で [システムの概要] ウィンドウを表示し、右側のウィンドウより見つけることができます。

3

また、ザイリンクスのアンサー データベースのキーワード サーチで関連事項を検索することができます。
http://www.support.xilinx.co.jp/

このページのサーチ フィールドでは、たとえば「5.1i」、「インストール」および「キーワード」といったブール検索を使用して、効率よく答えを探すことができます。
AR# 14782
日付 04/15/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed