UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14836

5.1i ISE - ModelSim をインストールしていないのに Project Navigator で ModelSim シミュレーションが使用できる

説明

キーワード : ModelSim, blank, available, not installed, インストール, シミュレーション

重要度 : 標準

概要 :
Windows に ISE をインストールすると、ModelSim をインストールしていなくても ModelSim のシミュレーションが使用できるようになります。

ソリューション

この問題は、次のレジストリ キーが見つからなかった場合にのみ発生します。

HKEY_CLASSES_ROOT\XLNXEDA\Products\DESIGNCNTR10\paths\VSystemPath

この問題は、ISE の最新版をインストールした場合に発生します。 ISE では ModelSim がインストールされたかどうかを確認するために上記のレジストリ キーが使用され、その情報を基にシミュレーション プロセスが有効または無効になります。

ただし、このキーがレジストリに存在しない場合、デフォルトで ModelSim が検知されます。Windows の場合、デフォルト パス c:\Modeltech_xe\win32xoem に ModelSim がインストールされているものと認識されてしまいます。

この問題を回避するには、[編集] → [プリファレンス] → [パートナー製品] タブをクリックし、ModelSim のパスを設定してください。新たに設定されたパスがレジストリ キーの値になります。

[パートナー製品] タブで ModelSim のパス (ModelSim がインストールされていないディレクトリ) を設定し、いったん Project Navigator を終了してから再起動します。 シミュレーション プロセスはもう表示されません。
AR# 14836
日付 08/13/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加