UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14861

LogiCORE FFT - 修正されたネットリスト FFT (64, 256, 1024) コアのシミュレーションで警告メッセージが表示される

説明

キーワード : FFT, simulate, simulation, warning, undefined, memory, hazard, write, enable, シミュレーション, 警告, メモリ, 書き込み, イネーブル

重要度 : 標準

概要 :
FFT コアのシミュレーションを実行すると、次のような警告メッセージが表示されます。 これらの警告メッセージが表示されるコアは、修正されたネットリスト FFT (64、256、1024pt) です。 警告メッセージは、クロック エッジごとに生成されます。

"Warning: There is an 'U'|'X'|'W'|'Z'|'-' in an arithmetic operand, the result will be 'X'(es)."
"Warning: Memory Hazard: Write enable is not defined at the rising clock edge."
"Warning: Undefined input ADDRA. Setting output DOUTA to X"

ソリューション

このエラー メッセージは無視しても問題はありません。 FFT はブロック アルゴリズムであり、シリアル ループ エンジン形式でインプリメントされるため、警告メッセージが表示されます。 データ フローは一連のオペレーションではなく、シミュレーション中に余分な演算が起こります。 FFT の異なるセクションは、部分的に時間を必要とするので、不必要な演算には、周期的に X が含まれます。 また、同時に実行される読み込み/書き込みは適当です。 適切な FFT のシミュレーションでも、警告メッセージが表示されるため、これらの警告メッセージを無視してもまったく問題ありません。
AR# 14861
日付 12/02/2011
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加