UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 14901

5.1i Timing Analyzer - 新規タイミング レポートのウィンドウでグリッチが発生する

説明

キーワード : Timing Analyzer, analyze, report, display, problem, glitch, 解析, レポート, 表示, 問題, グリッチ

重要度 : 標準

概要 :
Timing Analyzer で新規タイミング レポートを生成すると、次のような問題がレポートのウィンドウで発生します。

- ウィンドウ内の上下、左右にスクロールする矢印ボタンが表示されない
- レポート内の「Setup/Hold to Clock」のセクションで正しく表示されない行がある

ソリューション

この問題は次のいずれかを実行し、Timing Analyzer のウィンドウを最新の状態に更新すると解決できます。

1. Timing Analyzer ウィンドウを最小化または最大化します。

2. [Timing Report] ウィンドウを最小化または最大化します。

3. [Timing Report] ウィンドウの上下、左右の区切り部分のサイズを変更します。

4. [Timing Report] ウィンドウを移動し、上下および左右のスクロールバーが表示されないように移動します。
AR# 14901
日付 01/18/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加